じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > 食文化 > 発芽そばが食べられる店 東御市 「蔵の坊」

発芽そばが食べられる店 東御市 「蔵の坊」

農政課のNです。

東御市田中にある蕎麦店「蔵の坊」を紹介します。
お店は名前のとおり、蔵のような外観。




中に入ると、こんな感じの落ち着いた雰囲気のお店です。

土曜日の2時過ぎでしたので、そろそろお昼の営業も終わるころかと、半ばあきらめながら「あの、お蕎麦をいただきたいのですが、まだ大丈夫でしょうか。」とお聞きしたところ
「発芽そばが一人前だけありますので、それでよろしければ。」ということで、ありがたく注文させていただきました。


席に着いてしばらくすると、居酒屋さんに来たみたいに、「こちらは、御牧(みまき)豆腐です。」と冷やっこと、スパゲティーサラダがお通し(?)に出され、それをいただいていると、

「これが、発芽したそばの実です。」とサンプルを見せてくださいました。なるほど、そばの実から、小さな芽が出ています。

やがて、一寸法師が乗っていたような形のお椀に盛られた「発芽そば」が出てきました。




発芽そばと粗引き粉を合わせて打ったというそばは、麺の太さは比較的細めで、少しざらっとした舌触り。香ばしい味わいでした。

地図は、こちら↓↓↓

このブログのトップへ