北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 未分類 > 飯山市立秋津小学校が表彰されました

飯山市立秋津小学校が表彰されました

林務課のM隊長と申します。

 昨年3月までは信州ジビエブログを書いていましたが、今年からはこの「北信州からごきげんよう」で森林や緑に関する話題をお届けしたいと思います。

 さる1月15日、長野市で「平成26年度長野県ふるさとの森林づくり賞」の表彰式が行われ、飯山市立秋津小学校が森林環境教育の部で長野県教育委員会賞を受賞いたしました。

これは長野県の森林づくりへの貢献のうち、森林環境教育の推進や学校林活動、野鳥愛護活動に力を尽くした学校・団体などを表彰するものです。

DSC_0082

 表彰式では中島教頭先生が代表して賞状を受け取りました。

  

 秋津小学校では地域の森林整備で発生した材木を有効に利用しようと、地元の皆さんの指導のもと、炭焼きを行ってきました。

 薪割からたてこみ、窯出しなど作業すべてを行い、苦労して出来上がった炭は10月の「いいやま花フェスタ」で自分たちの手で販売し、その売り上げで小学校の図書館に「炭焼き文庫」を作りました。

kakidashi

熱い炭窯から真っ赤に焼けた炭をかき出します。

hannbai   

いいやま花フェスタ(26.10.3)で自分たちで作った炭を販売します。

 

 野鳥巣箱づくりも積極的に行っており、実際に学校の周辺に設置し営巣が確認されています。また、巣箱コンクールには毎年20個もの作品が出品され、選ばれた巣箱は例年県でも上位入賞を果たしています。

このように地域、学校が一体となった取り組みが高く評価され今回の受賞につながりました。

 

このブログのトップへ