北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 未分類 > さかえ倶楽部スキー場へ行ってきました!!

さかえ倶楽部スキー場へ行ってきました!!

北信保健福祉事務所のヤマキチです。北信地区スキー場安全対策協議会のスキー場パトロールに参加し、長野県最北部の栄村にあるさかえ倶楽部スキー場へ行ってきました。
ここではパトの様子ではなく、スキー場から見られた景色などほんの少々ですが紹介したいと思います。

まずはゲレンデ情報です。
詳細はさかえ倶楽部スキー場のホームページをご覧ください。

(上記ホームページからゲレンデの画像を転写)

アクセスは、車で長野方面から国道117号線を進み、栄村に入り栄大橋を過ぎたところにあるスキー場入口の看板を目印に左折すると、間もなくスキー場駐車場に到着します。
駐車場からは、左に第3ペアリフト、右に第1ペアリフトが見えます。

(駐車場付近から見たスキー場)

(ファミリーコースと第3ペアリフト)

まずは第1ペアリフトでスキー場中ほどまで登ります。
景色は良くなりますが、この日は天気があまり良くなく山名案内板にある山々はあまり見えません。

(山名案内板)

さらに第2ペアリフトでスキー場トップまで登ると、さらに景色は良くなり、足元の国道117号線から遠くの山々まで一望できます。
ちょうどいい感じに雲がかかり、織りなすような山々が見えます。

(スキー場トップから)

左に目をやると、遠くに真っ白な上越の山々が見えます。

(真っ白な上越の山々)

また、正面には日本200名山のひとつ、三角形の鳥甲山が見えます。

(鳥甲山)

足元をよく見ると、千曲川の川筋に沿って国道が見え、栄村役場の建物も確認できます。
リフトで2本登っただけですが、栄村の地理的立地や遠くの山々まで眺望が得られて満足です。

(栄村役場付近)

このスキー場の特徴は非圧雪と言えそうです。平日は極力非圧雪で、上級の2コースは毎日非圧雪とのことです。
また、野沢温泉スキー場のシーズン券持参の方は平日1000円引きで、朝一にさかえ倶楽部スキー場で新雪にシュプールを刻み、野沢温泉スキー場へ移動する人がいるそうです。

今シーズンは、豪雪地の栄村でも雪不足で、この日は上級の2コースは閉鎖されていましたので、ゲレンデ情報の確認は必須です。

お問合せ先 北信保健福祉事務所 電話 0269-62-3105

このブログのトップへ