北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

おやまちゃんの治山紀行 ~事業計画地調査編~

林務課の治山ウーマン、おやまちゃんです。
ブログの題名をジョジョ先輩に真似されましたが、めげずにがんばります★
⇒詳細はコチラ ジョジョの治山紀行 ~よみがえる緑の巻~

先日、事業計画地の調査・測量に行きました。治山工事を発注する資料を作成するための調査です。

まず初めの調査地は、過去に法枠工(のりわくこう)を施工した場所です。
今回はこの法枠工について、老朽化対策の工事を行うため、寸法や構造を調査しました。

「はいはいはーい!法枠工ってなあに?」

でたな、ちさんマン!
法枠工というのは、斜面を安定させるために、格子状のモルタル・コンクリートを
造成する工事のことです。

よくあるでしょ、斜面に、こんな感じのワッフルみたいなやつが!
「ワッフル・・・。」

次の調査地は、斜面で小規模な山腹崩壊がおきた場所です。
傾斜が急で崩壊地に直接行くことが困難であったため、
トータルステーションという器械で離れた場所から測量をしました。

ここではドローンを飛ばして、上空から様子も確認しました。
その写真がコチラです。

上空から周辺状況が確認できるのでとても便利です!
専用のソフトで解析すれば、面積の計算等もできます。

最後の調査地も、斜面で山腹崩壊が起きた場所です。

こちらでは、ポケットコンパスという器械で測量を行い、延長等を確認しました。

今回の調査結果をもとに設計書類を作成し、工事をすすめていく予定です。
がんばりましょう!ちさんマン!
「お~!」

~おしまい~

このブログのトップへ