北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 未分類 > 飯山市井出川山腹崩落災害に伴う対策工事の現場見学会を開催しました。

飯山市井出川山腹崩落災害に伴う対策工事の現場見学会を開催しました。

 こんにちは、整備課の伊東です。
 平成30年8月26日に飯山市井出川山腹崩落災害に伴う対策工事の現場見学会を開催しました。
 地元桑名川区から住民の方々16名が参加し、既設砂防堰堤背面に堆積した土砂を除去している状況や建設中の砂防堰堤を見学しました。

 最初に、既設砂防堰堤の上流側から土砂を取り除いている状況を見学しました。(左奥のコンクリートが既設の砂防堰堤です。)
 発災直後、既設砂防堰堤の背面は流れ出た土砂で満杯でしたが、これまでに約3万m3の除去が進んでいることを説明しました。

 次に、建設中の砂防堰堤(高さ13m、長さ91.5m、鋼製スリットタイプ)を上流側から見学しました。砂防堰堤の機能や11月の完成を目指して工事を進めていることを説明しました。
 井出川山腹崩落災害から1年以上経ちますが、地区の皆様の土砂災害に対する不安は、まだ大きいと思います。そうした不安な思いも現場見学会を通して少しでも安心に思っていただければと思います。また、住民の皆様が安全に安心して暮らせるよう一日も早く砂防堰堤を完成させたいと思います。

このブログのトップへ