北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 北信建設事務所だより > 建設産業の魅力を伝えるため、測量実習を開催しました(第5弾)

建設産業の魅力を伝えるため、測量実習を開催しました(第5弾)

こんにちは、北信建設事務所 復活のFです!
建設系高校に対する就労促進や建設産業の魅力を伝えるため、測量実習を開催しましたので紹介させていただきます。

平成30年10月2日(火)
 長野県中野立志館高等学校3年生23名が高校のグラウンドで、最新の測量機器であるUAV(ドローン)を使い、空中写真撮影や標定点観測などを行いました。

使用したUAV(ドローン)

トータルステーションを使った標定点測量

UAV(ドローン)の自動飛行プログラムの確認

UAV(ドローン)の飛行状況

生徒の皆さん、とても楽しそうに取り組んでいました!

測量実習の感想を紹介します!
“ドローンで写真を撮ることが測量になることに驚いた”
“ドローンは意外と操作しやすかった”
“プログラム通りに動くのがとてもすごかった。GPSで何でも出来ちゃう”

平成30年10月12日(金)
10月2日の測量実習に引き続き、校内の情報処理室での実習です。
測量成果を専用ソフトウェアにより立体化したものを見せていただき、その後、
各班でデジカメを使って自由に撮影したものを、専用ソフトウェアにより立体化する作業をしました。

情報処理室での実習の様子

10月2日の測量実習を立体化したもの


先生をモデルに、写真をラップさせて撮影


専用ソフトで立体化処理するとこうなります!

1 2

このブログのトップへ