北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 信越自然郷の食文化・味 > 中野市生まれのりんご「秋映」をPR!in埼玉

中野市生まれのりんご「秋映」をPR!in埼玉

こんにちは。農政課のhsです。

 

当課のS2号さんが先ほど投稿した記事に登場している、県オリジナル品種のりんご「秋映」。

ここでもう少し詳しく解説します。

秋映5

黒みがかった独特の色、つやのある質感。

これが、10月上旬からお店に並び始めるりんご「秋映」です。みなさんもう召し上がりましたか?

S2号さんも紹介していますが、秋映は中野市生まれです。中野市一本木のりんご農家、小田切健男氏の10年にも及ぶ研究を経て生まれたこのりんごは、濃赤色の実が澄み切った秋の空によく映えることから、「秋映」と命名されたのです。

そして、長野県オリジナル品種である「シナノスイート」「シナノゴールド」が次々と店先に並び、10月を代表する品種として親しまれています。

 

地元である中野市で生まれた「秋映」を、もっといろんな人に知ってもらいたい!食べてもらいたい!

そんな想いから、10月9日、農政課では長野県を飛び出しました。

 

 

・・・え?1年前にも同じ記事を見た気がする?

 

そうなんです。実は昨年群馬県で実施した秋映のPRが大変好評だったので、今回PR企画第2の開催に踏み切ったのです!

その気になる行先は・・・「彩の国さいたま」こと埼玉県!

秋映6

訪れたのは嵐山町。「あらしやま」ではなく「らんざん」と読みます。

 

今回も、JA中野市のみなさんと共に、今が旬の秋映を県外客に売り込んで来ました。

秋映7 試食コーナー

 

秋映8 販売コーナー

 

さらに!今年は「北信地域りんご秋映コンクール」との夢のコラボが実現!

10月6日に開催されたコンクールで見事入賞した「秋映」を展示・試食に出しました。

コンクール入賞品ということはすなわち、北信地域内でトップクラスの優れた「秋映」であるということ。

色つやや形が良いのはもちろんのこと、糖度も高くて食味も抜群の「秋映」でした。

1 2

このブログのトップへ