北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 信越自然郷の食文化・味 > 「 北信地域りんご「秋映」コンクール」開催される

「 北信地域りんご「秋映」コンクール」開催される

こんにちは、農政課のS2号です。   収穫の秋、食欲の秋となり、おいしい果物がいろいろとお店に並ぶ時期となりました。 そんな中、このたび15回目を迎える北信・長野地域を対象とした北信地域りんご「秋映」コンクールが10月6日(木)に中野市の「信州中野 いきいき館」で開催されました。 当日は、前日夜中から当日早朝に台風18号が新潟県を通過するなど、開催自体も危ぶまれましたが、なんとか開催にこぎつけることができ、事務局としては、ヒヤヒヤする思いでの開催となりました。 なお、りんご「秋映」は、中野市の小田切健男(故人)氏が平成5年に品種登録した、いわば地元生まれの品種です。   今年は、春先の暖かさで生育が10日以上進み、出荷時期は例年よりも早くなっており、一部に凍霜害もあり、出品にちょうど良いりんごを選抜し、箱詰めするには農家の皆様も大変ご苦労されたとのことでした。その甲斐あって、選りすぐりのりんごが出品され、どれも素晴らしく、審査員の方々を悩ましていました。 また、出品点数は、台風来襲の中ではありましたが、50点と昨年度並みの参加をいただくことができました。 審査は、雫田北信農業改良普及センター所長を審査長として果樹試験場、農業技術課専門技術員などが務め、重量、玉揃い、糖度、形状、色沢、軽欠点果の項目で審査され最後に総合審査を加味して順位が決定されました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

<審査風景>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

<審査風景>

審査の結果、北信管内の入賞結果は下記のとおりになりました。 北信管内では、上位11名の内4名の方が入賞をされ、なんと、知事賞(1位)の湯本幸作さん(山ノ内町)は昨年度も知事賞を受賞し、2年連続の知事賞を獲得されるという快挙を成し遂げられました。 改めて入賞された皆様におめでとうと申し上げたいと思います。

<入賞結果>

知事賞                          (1位)湯本幸作さん(山ノ内町)
長野県北信地方事務所長賞(4位)山戸敬太さん(山ノ内町)
北信園芸振興協議会長賞    (10位)滝沢一晃さん(中野市)
〃                     (11位) 金井正文さん(中野市)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このブログのトップへ