北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 信越自然郷の食文化・味 > 飲もうよ!「北信州の地酒」その 2  ~ふるさとのうま酒 飲み比べセット~

飲もうよ!「北信州の地酒」その 2  ~ふるさとのうま酒 飲み比べセット~

 

地域政策課Mです。先日出席した宴会で、お飲み物メニューに「ふるさとのうま酒 飲み比べセット」なるものが・・・聞くと、3種類のお酒が、銘柄は伏せて運ばれてくるとのこと。

北信州(ふるさと)の 美味しい地酒(うま酒)の 銘柄を当てっこし(飲み比べ)て、盛り上がろう

という趣向ですね。楽しそうだったので、早速注文してみました。

酒のみP1030943

お盆に、冷酒が注がれたぐい呑み(ぐいのみ)が三つ並びます。

 

酒のみ1030939 酒のみP1030941

お品書きは、裏向きに置いてありますから、飲んでみてから、ひっくり返します。

正解は、左から

勢正宗(いきおいまさむね)もち米本醸造

水尾(みずお)特別本醸造

志賀泉(しがいずみ) 一滴二滴 

 

もう一人、二人と注文してみたならば・・・

酒のみP1030945 「並び順が変えてあるっ!!」盛り上がりMAXです。

また、写真の天ぷらは、山菜のコシアブラでして、信州ならではの食材に舌鼓を打ちながら、「わからない~!」「○×さんは、どうですかぁ?」なんて会話が弾み、楽しい宴会となりました。

この「ふるさとのうま酒 飲み比べセット」は、地元の酒屋さんの提案だそうです

今日もどこかの宴席で、楽しい「かんぱーい!!」の声がしていることでしょうね。

 

【 勢正宗 】 もち米熱掛四段仕込 本醸造酒 ( 蔵元 : 中野市 丸世酒造店(まるせしゅぞうてん))は、スッキリとした呑み口ともち米の旨みが特徴のお酒です。(「信州の地酒と食のガイドブック」信州の地酒(発行:長野県信州ブランド推進室)より)

1 2 3 4

このブログのトップへ