北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 信越自然郷の食文化・味 > 信州の伝統野菜『「おいしい信州フード」week』で坂井芋を食べました!第2弾

信州の伝統野菜『「おいしい信州フード」week』で坂井芋を食べました!第2弾

こんにちは、企画振興課 山林です。

冬将軍がすぐそこまでやってきた感じで、鍋のシーズンが始まりますね。北信のキノコ皆さんも食べてくださいね。ヘルシーですし。←前回と全く同じフレーズですが、ご容赦を。

さて、毎年実施している『「おいしい信州フード」week』で、当北信エリアは伝統野菜の坂井芋ということで、飯山市の千曲川沿岸部の坂井地区で栽培されている里芋です。

うんちくはよくわかりませんが、今回はWEEKに協力いただいているそば処幸輪さんに行って食してまいりました。

前回の六兵衛さんとは今度は違って、つくねです。みそだれっぽいもので食べるのですがちょっと辛みもあり、また、つくねに芋が混じっていると優しいころ合いによく合いますね。

一緒に、そば処なのでそば定食をいただきました。

そば以外にみゆきのポーク丼がついていまして、そばはまず最初、塩で食したのですが、非常にそばの風味が感じられて、塩をかけて食べるのもありだなーと思いました。

まだまだ、飯山市内で坂井芋を使った『「おいしい信州フード」week』に協力していただいているお店がありますので皆さんも行ってみてください。
旬のものを旬に地元でいただくのは、環境にも非常に良いことですしとってもおいしいですのでみなさんにも是非お勧めです。

このブログのトップへ