北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 信越自然郷の食文化・味 > 飯山の雪室で熟成された日本酒の試飲会に参加してきました!

飯山の雪室で熟成された日本酒の試飲会に参加してきました!

こんにちは。
企画振興課の山橋です。

今日は、9月19日に開催された、雪室で保存、熟成された日本酒を出して、試飲するイベントに参加してきましたので、お伝えします。

詳細は、以下の飯山市役所さんのプレスリリース資料をご覧ください。
【飯山市のプレスリリース】
http://www.city.iiyama.nagano.jp/assets/files/kikakuzaisei/jyohokanri/press_release/press20180905-2.pdf

雪室は、JAながの みゆき種菌センター施設内にあります。

4月から夏を越えて雪室で保存された日本酒がいよいよ出されます!!

てか、さむっ!!!
2.8℃ですよ!2.8℃!

そしてお待ちかねの試飲会。

今回は日本酒(2銘柄3タイプ)、コーヒー豆(焙煎貯蔵・生豆貯蔵)、じゃがいもの3種類について、通常保存と雪室貯蔵とでどんな味や食感、香りの変化があるか試しました。


私は残念ながらハンドルキーパーのため、日本酒は試せませんでしたが、コーヒー、じゃがいもは味と食感に変化が。
特にじゃがいもは、しっとりとした食感になり、驚くほど甘くなっていました(特に穀物は雪室貯蔵の効果が表れやすいらしいです)。

生豆貯蔵コーヒーは、酸味がとれ(カドが取れる?)まろやかに、焙煎貯蔵コーヒーは甘みが増して…いたような気が…

参加者のみなさんはどうだったのかな??
特に日本酒の味の変化が気になる(*´Д`)!!

今回は3種類でしたが、今後もっと多くの品目の実験をして、雪室貯蔵の効果のデータがとれるといいですね!

飯山の豪雪を生かした雪室の今後に期待です☆

このブログのトップへ