北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

平成28年度 景観育成委員会議が開催されました

建築課からごきげんよう Mr. T です

さて今回は、先日北信合同庁舎にて行われた「景観育成委員会議」についてお伝えします。

そもそも、「景観育成委員会議」ってなんだろう?と思われる方も多いと思います。
北信地域景観協議会の構成団体(25団体)から会議等の議題により指定した団体の方々で開催する会議が景観育成委員会議という位置づけです。
今年度の会議の主なトピックを3つ紹介いたします。

【1】信州ふるさとの見える丘認定書の交付

北信地方事務所管内で3番目の認定となりました「根塚遺跡」(木島平村)の認定書の交付式を行いました。
認定書は、北信地方事務所長から木島平村教育委員会の方へお渡しさせて頂きました。560南からポイントを望むDSCF1198
「信州ふるさとの見える丘」とは、地域の歴史や文化人々の営み等を感じさせるビューポイントを長野県知事が認定した場所です。
詳しくは、こちらをクリック(長野県HP内)

【2】風景の「語り部」育成研修会の開催

信州らしい風景を次世代に継承し、風景にまつわる情報をわかりやすく伝えることができる「風景の語り部」の育成を目指した研修会を開催しました。
今年の研修は、各地域で語り部として実践的な活動をされている3団体の方々に活動内容の発表をしていただきました。
DSCF1217DSCF1216

【3】信州おもてなしマイスターによる講座

信州おもてなしマイスターとして県に登録されている方お二人から、「おもてなしとは?」心構えなどを実体験などを盛り込みながら講座をしていただきました。
お二人とも、サービス業に従事されておりまして普段から直でお客様相手に「おもてなし」の実践者の方です。
実践者の生の声は、講座の出席者にとってリアリティがあり心に響いたのではないでしょうか。
DSCF1218 DSCF1220
信州おもてなしマイスターによる講座の様子
信州おもてなしマイスターについて詳しくは、こちらをクリック(長野県HP内)

 

 

以上、本年度の景観育成委員会議の様子の一部を紹介させて頂きました。
 

このブログのトップへ