北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 信越自然郷の自然・景観・名所 > 秋の日の 志賀高原の 思い出に 「サバタケ」 手にとる 道の駅かな

秋の日の 志賀高原の 思い出に 「サバタケ」 手にとる 道の駅かな

志賀高原ロマン美術館を御紹介しております、地域政策課Mです。この美術館は1998年に自然との共生をテーマに開催された長野冬季オリンピック、パラリンピックの開催を記念してオープンした美術館です。

志賀高原は、このオリンピック、パラリンピックの競技会場でした。2005年には、スペシャルオリンピックスSpecial Olympics、略称:SO)も開催されましたね。

美術館へのアクセスは、上信越自動車道、信州中野I.C.から国道292号経由15分

地元では、このうちの一部を、オリンピック道路と呼んでいます。

写真は<角間大橋>              高欄の装飾は、アルペンスキーですね

ろP1030063ろP1030059

 

 

 

 

 

 

 

親柱のゴールドのオブジェが、日の光を受けて輝いていました。意匠はもちろん、オリンピック

ひやく              ごりん

ひやくP1030056ごりんP1030066

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紅葉している山が綺麗だったので、角間温泉を経由して美術館に行こうとしたら迷ってしまいました

いったん戻り、素直に湯田中温泉街を通ります。と、その道中に斜張橋があります。

<穂波大橋>長野冬季オリンピックのエンブレムが見えますね。親柱は競技種目のモニュメント。飛

1 2 3 4 5

このブログのトップへ