北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

きれぇだんなぁ「北信州の花」 * アスター

梅雨が明け、東京などの地域ではお盆の行事が終わり、夏本番というところでしょうか。

「北信州」では、月遅れのお盆となります。お盆には、ご先祖さまにお花をお供えしますよね。

 

アスターは、開花期がちょうどお盆の頃に当たり、切り花として持ちも良いので、

お盆の供花にいかがでしょうか。北信州では、中野市他で生産しております。

 

アスターP1010417 _アスターP1010412

~ アスター ~ 

和名はエゾギク。写真のアスターは、松本クリアスカーレット。紅色が綺麗です。

ススキなどを合わせれば、お盆らしい風情となりますね。

 

アスターP1010567_アスターP1010535

小さな白い花をアスターの隙間に入れて、優しい雰囲気にして玄関やお部屋に飾ってもいいですし、

枝分けしたアスターに、少しの花を加えて、小さなスペースに置くのもいいですね。

ちなみに、小さな白い花は名前もわからない庭の花、加えた花はお稽古のお花の再利用です。便利。

 

アスターP1010493

庁舎清掃の方が、いつもトイレに花を飾ってくださっていて心が和みます。

アスターには、つつじの葉をあしらって・・・素敵。

 

アスターP1010558

お水が上がらず、しおれたように見えても、お花の部分は綺麗です。

そんな時は、花首の下で切ってガラスの器に浮かべてみます。暑い夏に、とっても涼しげ。

 

このピンクとブルー色あいは、どこかで見たことある … そう、夕焼け! ですね。

北信合同庁舎の駐車場から見た、里山の夕焼け をどうぞ。

1 2

このブログのトップへ