北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 信越自然郷の自然・景観・名所 > 北陸新幹線飯山駅のからくり時計は唱歌にあわせてお出迎えします

北陸新幹線飯山駅のからくり時計は唱歌にあわせてお出迎えします

2015年(平成27年)3月14日に開業した北陸新幹線「飯山駅」
2階のパノラマテラス入口にあるからくり時計は、
毎時00分に人形による舞が曲に合わせて披露されます。

曲名は、「神楽囃子」と、「ふるさと」、「おぼろ月夜」の3曲
(からくり時計は、午前9時から午後8時までの毎時00分に開始)

このからくり時計のモデルは、長野県無形民俗文化財に指定されている
飯山氏太田地区五束の「五束太々神楽(ごそくだいだいかぐら)」の舞を表現しているそうです

唱歌「ふるさと」や「おぼろ月夜」のメロディーに合わせ、からくり人形が演じます。


11時00分開始です。


「神楽囃子」の音楽にのせて人形が動きます。


曲目が「ふるさと」に変わりました。時計の部分からも人形が現れます。


よく見ると「おぼろ月夜」に合わせて人形が変わっていきます。


およそ3分の人形たちの舞、飯山駅においでの際はぜひご覧ください。

緊急事態宣言は解除されましたが、コロナウイルスを意識した対策として、
長野県では ~「新しい生活様式」の定着と経済活動の両立~ に取り組んでいます。
感染症対策を実施しながら、経済活動を感染リスクの低いものから順次再開し、
県内経済の再生を図りましょう。総務監理課のわこでした。

このブログのトップへ