北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 信越自然郷の自然・景観・名所 > 恋愛成就のパワースポットが3か所~重要文化的景観の「小菅の里及び小菅山」から北竜湖を周回しました!!

恋愛成就のパワースポットが3か所~重要文化的景観の「小菅の里及び小菅山」から北竜湖を周回しました!!

北信保健福祉事務所のヤマキチです。平成27年に「小菅の里及び小菅山の文化的景観」が国重要文化的景観に選定されました。その飯山市小菅地区から小菅神社奥社、小菅山、北竜湖と周回しましたので紹介します。また、この周回には恋愛成就のパワースポットも3か所もありますので、こちらも紹介していきます。
飯山市瑞穂の小菅地区は、かつて小菅神社を中心に戸隠や飯綱とともに北信濃の三大修験場として繁栄しており、数々の遺構を見ることができます。詳しくは飯山市のホームページに紹介されていますのでご覧ください。
まずは、小菅地区の中ほどにある観光客向けの無料駐車場に車を停め、周回のスタートです。その美しい風景もさながら、まず目に入ったのは菩提院観音堂で、ツツジや牡丹の花が見ごろを迎えていました。

(田植え前の棚田)

(菩提院観音堂のツツジ)

(背景は妙高山)

(中庭の牡丹と鐘楼)

(望遠レンズで圧縮効果)

続いて、奥社へ行くため三の鳥居から参道杉並木に入っていきます。石畳の緩やかな階段状の参道は、樹齢300年と言われる杉並木とともにとても趣があります。

(三の鳥居)

(参道杉並木)

(参道の石畳)

参道沿いに咲いている薬草のイカリソウを見ながら800m程進むと、参道は登山道になります。100mごとに標識がありますが、奥社まであと600mから500mの間が一番きつい場所です。

(イカリソウ、強壮の効果があると言われています。)

(清流を見て、登山道に入っていきます。)

また、参道には、「鐙石(あぶみいし)」、「隠れ石」、「御座石」等色々名前のついた石がありますので、その由来を学んでいくのも楽しいものです。これらは信州いいやま観光局のホームページで紹介されていますのでご覧ください。その中に「愛染岩」があり、岩の下に恋愛成就の願いをかなえる愛染明王が祭られています。これが一つ目のパワースポットです。

(板状の岩が積み重なった愛染岩~一つ目のパワースポット~)

そして奥社に到着し参拝します。奥社は大きな岩の南側に建っており、その岩からは水が滴っています。そこで一休しますが、残念ながら眺望はほぼありません。

(険しい場所に建つ奥社。)

(わずかに田が見えるのみです。)

(奥社)

ここ奥社に参拝するだけでも、参道杉並木、石の由来を想像することなどより満足できます。しかし、この日は北竜湖まで周回する予定ですので、早速出発し、参道をはずれ、北竜湖の案内のある登山道に入っていきます。しばらく進むと、ひときわ大きなブナが見え、写真を撮ろかな~なんて思いながら近づくと、巨木「森香」の標識がありました。

(森香、ブナの巨木、森の歌姫)

更に進みますが、小菅山山頂は、周回路から外れた場所にありますので、注意しないとその分岐を見逃してしまいます。分岐には北竜湖まで1kmを示す標識がありますので、ボーっとして行き過ぎないよう気を付けましょう。そして、頂上へ到着、ここも眺望はありませんが、新緑のブナに包まれ気持ちの良い雰囲気で昼食休憩をとっていると幸せな気持ちになります。

(コブコブのブナ、頂上近くはブナの森となっています。)

(小菅山山頂、この三角点が目印。)

昼食後は、北竜湖に向かい尾根沿いに下ります。急な場所、落ち葉で滑りやすい場所など気を付けながら下ります。ここに恋愛成就の二つ目のパワースポットがあります。北竜湖はハート型をしており、そのハート型が見られる場所がパワースポットです。しかし、その形を確認しようとしますが、支障木で確認できません。

(展望台付近にて、わずかにツツジの背景に北竜湖が見えます。)

(北竜湖がハート型に見えるという場所からも見えません。)

(スキー場跡では、鍋倉山方面が見渡せます。)

そして北竜湖畔へ到着します。なお、菜の花はほぼ終盤となっています。ここから小菅の里までは、少し遠回りですが弁天島を経由して戻ることにします。というのは、この弁天島にかかる早乙女橋が三つ目のパワースポットだからです。北竜湖と早乙女橋がパワースポットとなった由来は、いいやま北竜温泉文化北竜館のホームページでロマンチックな伝説~鯉の恋物語~が紹介されていますのでご覧ください。

(北竜湖)

(早乙女橋~三つ目のパワースポット~カップルで来た場合、手をつないで橋を渡りましょう。)

(弁天島の七福神)

(湖畔路で見られた「しゃが」)

小菅の里に戻り周回終了となります。
ここには、自然や文化、歴史に触れることができる場所や恋愛成就のパワースポットなど見どころがいくつもあります。ぜひ自分の目で見て体験していただきたいと思います。

撮影 令和元年(2019年)5月18日
お問い合わせ先 長野県北信保健福祉事務所 電話0269-62-3105

このブログのトップへ