北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

総務管理課のTSです。

長野県(観光部)では、現在、信州にあるたくさんの「しあわせ」をみんなで見つけて分かち合う、「しあわせ信州を見つけようプロジェクト」の一環で、北信地域振興局と連携し、SNSと連動したクイズ形式のキャンペーンを展開しています。
詳しくは~しあわせ信州を見つけようプロジェクト~のURL
https://www.pref.nagano.lg.jp/brand/happyou/180713.html
に掲載されている応募方法をご覧ください。
今週末(2月8日(金))までのキャンペーンで、残り少ない時間ですが、現在、Instgramの応募者がいらっしゃらないため、応募すれば、当選の可能性が高い状況です。

次の写真の場所の写真を撮り、@shiawase_shinshu宛に答えのハッシュタグをつけて投稿していただく必要がありますが、このブログをご覧になった方は、ぜひ応募してみてください。

商品は、こちらのおふくろセット(イメージ)です。

ヒントは、
「長野県と新潟県の2つの地名が使われており、飯山線観光列車の「おいこっと」が停まる駅です。昭和20年2月、駅における最高積雪量7m85cmを記録し、その標柱が駅構内に建てられました。この駅がある村では、幕末の佐久間象山による銅山開発があったとの伝説があるなど、消えた銅山の操業時期がありました。また、聖徳太子を描いた二幅の掛け軸が納められている太子堂もあります。」

応募をお待ちしています。

このブログのトップへ