北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花

北信地域では、芍薬 = シャクヤク  が広く栽培されておりまして、中野市のシャクヤクは、

日本一の生産量を誇っています。

『しあわせ信州移動知事室』が北信合同庁舎で実施されている期間と、シャクヤクの旬が重なったので、

PR大作戦です。

 

IMGP0007

代表品種は、ピンクのサラベルナール。

バンカヒルと一緒に、移動知事室入口に飾りました。

 

IMGP0009

サラベルナールがよく見えないから、横から見てね。

 

IMGP0001

バンカヒルは、あまりの美しさに、玄関に生花一種生けで飾り、

北信農業改良普及センター花き担当者作のチラシを貼りました。

真の花を見るにつけ、「立てば芍薬・・・」に納得しきりです。

 

 

IMGP0006

中野市内のスーパーで見つけたコーラルキング…この華やかさと存在感 (|||ノ`□´)ノ

 

IMGP0011IMGP0012

移動知事室内・・・ころんとしたフォルムの花器に・・・

 

これからも、北信地域で生産されている花を北信合同庁舎に生けて、

その魅力をお伝えしていきたいな。と考えている地域政策課Mでした。

1 2

このブログのトップへ