北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

ABMORIで志賀高原に行ってきました!

林務課 Oネエサン です。

志賀高原での話題を2つ。

 

先日、6月26日(日)に、山ノ内町志賀高原で市川海老蔵さん提唱の、

ABMORI 2016(3回目です)が開催されました。

ちょうど良い涼しさ。参加者1000人。苗木1万本!! 見事でした。1

2

ユネスコスクールである中野西高校の生徒の皆さん80人が植樹リーダーとして大活躍!

 

さて、このABMORIは、町の継続的な環境教育の場としても位置付けられており、

育苗、研究、広報活動の各プロジェクトがあります。

 

7月8日(金)、「育苗プロジェクト」で、「苗採り作業」に行ってきました。

 

ユネスコスクールである山ノ内町の東小学校の3,4年生の皆さんが、

横手山のふもとに大集合。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA    役場の方の説明を聞きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 稚樹を掘ります。斜面で大変!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 掘り取った稚樹(コメツガや、ダケカンバ、など。)は、軽トラまで運びます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA たくさんの稚樹の苗が集まりました!!!

 

木は、動けません。

木の種は飛んだり落ちたりして子孫を増やそうとしますが、特に、ササが多かったり、スキー場の跡地は地面が固く、周りの木から飛んだ種から無事に木が育つことはなかなか大変。そこで、人間の手で、周辺から稚樹を移植することで、元の森の姿に還るスピードを速めるお手伝いをするのが育苗プロジェクトです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

苗畑に移植。数年後にはまた志賀高原の

スキー場跡地へと戻されます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みんな大きく育ってね!

 

1 2

このブログのトップへ