北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

春を呼ぶ「中野ひな市」のお知らせ!!

毎年恒例となっています「中野ひな市」が3月31日、4月1日に開催されます。

メインは3月31日の「中野土びな」の展示即売会、3月31日、4月1日の全国土人形即売市ですが、

イベントとしては、まちかど土びな展、スタンプラリー、中野陣屋ひな市特別展、土人形絵付けコンテスト作

品展示、大灯篭びな行進など多数あります。

中野2

この写真は、中野陣屋・県庁記念館で行われている「中野土人形・全国土人形牧基之コレクション」です。

1000点余りの土人形が展示されており、その数に圧倒されます。

ここで、中野土人形について説明・・・。江戸時代から続く「中野人形」(奈良家、京都伏見系)明治時代から

の歴史をもつ「立ヶ花人形」(西原家、愛知三河系)があります。最近では、創作人形を作る工房やグループ

も出来てきています。

中野11 中野12

また、ひな市の期間でなくても、「日本土人形資料館」では中野土人形をはじめ、全国から集められた

2000点にも及ぶ土人形が見られますし、絵付け体験もできます。「まちなか交流の家」では製作体験も

出来ます。

中野6

中野4

長野電鉄信州中野駅に展示してある大灯篭です。31日の夜に市街地を行進します。

中野5

展示会と展示即売会が行われる陣屋・県庁記念館です。明治3年から4年にかけて、中野県庁が置かれていた

ことをご存知ですか?

詳しいイベント情報は、信州なかの観光協会のホームページをご覧ください。

3月31日でなければ抽選会に並んで、土びなをゲットしたいところですね。

最後に中野の風景を・・・。

中野9

東山公園からの北信五岳です

中野7

中町の歴史の小経です

中野8

南照寺(川東善光寺)です。本堂は善光寺と同じ撞木(しゅもく=鐘を突くT字型のもの)造りで、千曲川を

1 2

このブログのトップへ