北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 信越自然郷のイベント > okomin cafe(おこみんカフェ)に行ってきました!

okomin cafe(おこみんカフェ)に行ってきました!

こんにちは、企画振興課 山林です。

さて、皆さん、志賀高原で3大学共同企画「おこみんカフェ」が志賀高原で8月10日(金)オープンしているのはご承知でしょうか。

テレビでもやっていましたが、天然クーラーの避暑地、志賀高原で、杏林大学、長野県立大学、長野県短期大学の学生が企画から運営まで行うカフェがひらいているので避暑を兼ねて行ってきました。

なんと志賀高原の高天ヶ原は温度が11℃。寒い!!

早速、「高天ヶ原マンモススキー場レストランだけかんば」に直行。

お目当ての志賀高原産の根曲がりだけをふんだんに使った「おこみんカレー」。さらに、ちょっと欲張って「ピタパン」と「山ノ内産桃スムージー」のセットメニューを注文。

最後の締めに、メニューに載っていない学生さんからのおすすめで「モカ」(+50円でしたが)をいただきました。

根曲がり竹入りの「おこみんカレー」は、さばとみそ仕立てでいただく根曲がり汁とはまた違った触感で美味しくいただきました。野沢菜がまた根曲がりが入ったカレーに合う(ちょっと食べづらかったけどね。)。

「ピタパン」はとっても具だくさんで、バジルソースがとってもそれぞれの素材を引き立てていてとっても美味でした。

また、山ノ内産の桃を使った「スムージー」も甘すぎず。ピタパンにばっちり。おすすめだけあってとっても美味しかったです。

企画から運営まで3大学の学生さんがやっており、若さあふれる対応、あいさつで、マニュアルに沿って行う対応とは違ってとってもすがすがしい気分になりました。

志賀高原は冬のスキーの他にもトレッキングやハイキングコースも整備されています。
この涼しさの中での山の散策は気持ちがよいと思いますし、リフトも動いていますので服装に気を付けてさえいれば、山頂も快適この上もないと思います。

この日はこの程度で帰路につきましたが、皆さんも避暑に、紅葉に志賀高原を訪れてはいかがでしょうか。

このブログのトップへ