北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 信越自然郷のイベント > 「きのこたっぷりジンギスカン」@道の駅ふるさと豊田~北信州きのこ夏フェア2018~

「きのこたっぷりジンギスカン」@道の駅ふるさと豊田~北信州きのこ夏フェア2018~

皆さん、こんにちは! 農政課のSです。
酷暑が続いていましたが、お盆過ぎから一気に涼しくなりました。寝苦しさも解消です。信州の良いところですね。

さて、きのこ夏フェアでは、冷たい麺類を2例紹介したので、今回はガッツリスタミナ満点のメニューを紹介します。

道の駅ふるさと豊田の「きのこたっぷりジンギスカン」です。

飯山市街地から豊田飯山ICへ向かって登り坂を登り切った辺りの左側に道の駅があります(住所は中野市永江)。
ここの農産物直売所には、いつも新鮮な野菜や果物、きのこ類が揃っています。

お食事処で、まず食券を購入。メニュー名は「ジンギスカン定食」(900円)ですので、ちょっと注意が必要です。


テーブルに着いてしばし待った後、番号を呼ばれ出てきたお盆の上は、まさしく、「きのこたっぷりジンギスカン」です。取っ手付きの鉄鍋にジンギスカンが盛られています。見た目もガッツリで美味しそうです。


きのこの種類は、ぶなしめじ、エリンギ、えのきたけがふんだんに使われています。特に、大振りなぶなしめじが目を引きます。その他にキャベツとたまねぎ。お肉も十分な量でした。


小鉢には、ご当地の郷土料理「いもなます」。漬物とデザート(メロンとミニトマト)もついていました。お味噌汁もえのきたけとぶなしめじ入りです。

お昼ごはんに食べるには少し量が多いかなと思いましたが、大変美味しく完食しました。美味しいジンギスカンも食べられたので暑かった夏を乗り越えられそうです。

次に、特産物コーナーに立ち寄り、中野市豊田農産物加工施設利用組合の皆さんが丹精込めて作られたアップルパイとおやきをお土産に買って帰りました。

農産物直売所はお客さんでいっぱいでした。きゅうり、なす、もも、すももなどの季節の野菜・果物のほかに、きのこは、えのきたけ、ぶなしめじ、しいたけ(生・干)、マイタケ、干しキクラゲもありました。この地域の特産で信州の伝統野菜に認定されている「ぼたんこしょう」は、残りわずかでした。

信州らしく涼しくなってきましたが、暑さがぶり返してきそうですので、お体にはくれぐれもご自愛ください。

北信州きのこ夏フェアは、多くのお店が参加しております。
メニューなど詳細については、次のURLから特設ページにアクセスしてご覧ください。
http://www.pref.nagano.lg.jp/hokuchi/hokuchi-nosei/kinoko.html

1 2

このブログのトップへ