北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > その他 > 飯山市と長野県立大学CSI(ソーシャルイノベーション創出センター)が開催したオープンミーティングに参加しました。

飯山市と長野県立大学CSI(ソーシャルイノベーション創出センター)が開催したオープンミーティングに参加しました。

こんにちは、企画振興課 山林です。

飯山市さんに今年から雇用ビジネス推進課ができたのは皆さんご承知でしょうか。

人口減少対策に向けて、地元の雇用やビジネスを推進することが期待されていることの表れだと思います。

そこで、飯山市さんがこの4月から設立された長野県立大学CSI(ソーシャルイノベーション創出センター)と連携を模索する取り組みの一環として、今回、オープンミーティングが開催され、私も参加してきました。

会場は、飯山市のなちゅらの多目的ホール1で行われました。

センター長の大室先生からのレクチャーとして「求められる企業像と社会的課題の解決」と題して話され、持続可能な生態系としてビジネスが果たす役割は大きいと感じたところです。

また、桜井アドバイザリーメンバー、風間アドバイザリーメンバー、但馬アドバイザリーメンバーが、ワークショップを兼ね、かつ、実体験を踏まえながら、地域でのビジネスの意味のお話がありました。

日本ユニシスさんも今回の取り組みにご興味があり参加されていました。

地域からのビジネスを発信して、住みやすい地域になっていければと思います。

このブログのトップへ