諏訪を体感!よいてこしょ!! 目、口、耳、鼻、手の五感で感じた諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

目、口、耳、鼻、手の五感で感じた諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

長野県魅力発信ブログ > 諏訪を体感!よいてこしょ!! > 【口】諏訪の”食” > 【信州いいね!企業インタビュー】カフェ・ヒルバレー(岡谷市)「諏訪地域にカフェ文化を~地域のヒト・コト・モノが集う場所~」

【信州いいね!企業インタビュー】カフェ・ヒルバレー(岡谷市)「諏訪地域にカフェ文化を~地域のヒト・コト・モノが集う場所~」

諏訪地域にカフェ文化を…。世代や性別に関係なく、誰でも気軽に集まれるようなカフェが岡谷市にできました。今回は、昨年(2016年)9月にオープンした「カフェ・ヒルバレー」のオーナーである吉江勇介さんにお話を伺いました。

※応援します!サービス産業by長野県「信州いいね!企業インタビュー」から転載 http://service.naganoblog.jp/c73173.html

リード文1リード文2

「カフェ・ヒルバレー」

・平成28年9月22日オープン。人との出会いをコンセプトにした多目的カフェ。

・岡谷の商店街に店を構え、地域のたまり場として誰でも気軽に入れるカフェを目指す。

・コーヒーはもちろん、ケーキやビール等、オーナーこだわりの逸品がそろう。

 




本文1

-こんにちは!とても落ち着きのある雰囲気のカフェですね。

そうですね、地域の人たちが気軽に集まれるような場所にしたいと思っています。

-諏訪地域全体でも喫茶店やカフェはそれほど多くはありませんよね。 カフェ・ヒルバレー開店の経緯を教えてください。

もともとは地元出身ですが、以前は東京でカフェや喫茶店向けの商材を集める展示会を企画する会社に勤めていました。業界の人をはじめ、様々な人と関わる中で「自分の店を持ちたい」という想いが自然と強くなっていきました。また、それと同時に地域を盛り上げたいという想いもあり、岡谷商工会議所が主催する創業塾に参加することから始めました。

-過去の経験と地域活性化への想いから岡谷での起業へと至ったのですね。 東京に店を構えようとは思わなかったのですか。

思わなかったですね。東京には既にたくさんあるので。(笑) 諏訪地域で物件を探していましたが、ちょうど岡谷の商店街で空き店舗になっていた現在の場所に店を構えることにしました。

本文2

-開店までには様々な苦労があったかと思います。

前職で喫茶店やコーヒーのノウハウを身につけたり人脈をつくることは出来ましたが、経営に関してはほとんど分かりませんでした。その点、良いタイミングで創業塾に参加できたことは非常に役に立ちました。経営に関するノウハウはもちろん、地域でお店を出すうえでは地域の方とつながりを持てたというのも大きかったと思います。創業するにあたって、自分で試行錯誤しながら原価計算や回転率等の試算をしたり、お店のコンセプトやビジネスモデルを考えることに時間を注ぎました。

本文3 本文4コーヒー

-どういったお店にしたいかというのは経営のうえでも非常に重要な観点ですね。 コーヒーはもちろん、それ以外のメニューにもこだわっているとお聞きしました。

どのメニューもオススメですね。“びっくりするくらい美味しいものを出す”ということにこだわっています中でもやはりコーヒーに関しては自信があります。提供するコーヒーは8種類あり、こちらのオススメではなくお客さんの好みに合わせて好きなコーヒーを飲んでもらいたいと思っています。コーヒー豆の仕入れは、前職でのつながりのおかげで高品質のコーヒー豆を厳選して安定的に仕入れることが出来ています。

-自分の好みに合わせて本格コーヒーが飲めるというのは特別感がありますね。 ケーキも種類が豊富でとても美味しそうです!

本文5

スイーツはフランスで作られたものを仕入れています。地元の菓子店との連携したい気持ちもあったのですが、コスト面や保存管理面等がネックになり、かえって仕入れが大変で断念しました。どのメニューも自分自身が本当においしいと思ったものしか出していないので1つ1つにこだわりがあります。

-どのメニューを頼んでも一流のものが楽しめるというのはお店の大きな強みですね。

ただコーヒーや食事をしに来るだけでなく、コワーキングスペース的にビジネスの場としても使ってほしいですね。店舗内の壁側にはお客さんが自由に使えるスペースがあり、それぞれの商品を展示したり、販売することもできます。理想は商談、マッチング、宣伝、マーケティング等が1つの空間で出来る場と思っています。

本文6

-単に街の人々の“憩いの場”だけでなく、“ビジネスの場”にもなり得るのですね。 ヒトやモノの交流をコンセプトにしたカフェならではの発想だと思います。

店内のホワイトボードには諏訪地域で開かれるイベントのチラシや情報をお客さんが自由に書き込むことが出来ます。それぞれの趣味の講座や演奏会等、集まってくる情報は多種多様です。それぞれが直接コメントを添えることで生の情報を発信できます。

本文7

-様々なジャンルの地域の情報がびっしりです。 地域のヒトだけでなく情報が行き交う場になることで地域の活性化にもつながりそうですね。

岡谷にカフェ文化を根付かせることを通して少しでも街が元気になればと思います。ヒトとヒト、地域と地域など、様々なコンテンツを掛け合わせて点や線を面にしていく。場合によっては、他には真似できない地域の魅力を東京というマーケットに売り込む、という考え方も必要だと思います。

-そういった相乗効果がこのカフェをきっかけに広まっていくと良いですね。

大変と思うこともあるかと思いますが、その時のモチベーションを教えてください。

創業塾や前職での経験等、これまで関わった人たちの応援が一番のモチベーションです。いつも頑張らなくちゃ、という気持ちにさせられます。

本文8

-現状の課題や将来の目標を教えてください。

平日昼の集客が一番の課題です。ふらっとカフェにきて時間を過ごす文化がないため、浸透するまでにはまだまだ時間がかかると思います。カフェに人が集まるようになってきたら、諏訪地域に2号店を出したいと考えています。様々な年代の人たちが出会い、地域の人の生活の一部になるようなたまり場を提供できれば、と思っています。

-最後に地域の方へカフェ・ヒルバレーからメッセージをお願いします!

人との出会いにフォーカスした新しいスタイルの喫茶店です。好みに合わせた本格コーヒーや豊かな味と香りのダージリンティー、フランス仕込みのスイーツでゆったり時間を過ごしてみてはいかがですか?お気軽にご来店ください!

-また今度はゆっくりコーヒーを飲みに来たいですね。 本日はありがとうございました!

本文9本文10 本文11壁本文12カウンター談笑

 




(インタビュー後記)

オーナーの吉江さんは過去に青年海外協力隊や自動車営業の経験もあるとのこと。これまでの幅広い経験が今につながっているのだと感じました。お客さんと様々な話題を交わすことが出来るということは、吉江さんが目指す「誰でも気軽につながれるようなカフェ」には不可欠なことだと思います。 カフェ文化を根付かせ、地域のヒト・モノ・コトを結びつける。店名の「ヒルバレー」はシンプルに地名からつけることで地域に愛着を持ってほしいという想いからとのこと。岡谷の街になくてはならない場所になってほしいです。

 

諏訪地方事務所 商工観光課 K

 

「カフェ・ヒルバレー」

〒394‐0027 長野県岡谷市中央町2-4-18 (ながのけん・おかやし・ちゅうおうちょう)

営業時間 10:00~22:00      TEL 090-1264-2658

フェイスブック https://www.facebook.com/chinosio/

LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE