諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

長野県魅力発信ブログ > 諏訪を体感!よいてこしょ!! > 【目】自然・景観 > 霧ヶ峰でごく稀に現れる、”日暈”という現象をご存知ですか??

霧ヶ峰でごく稀に現れる、”日暈”という現象をご存知ですか??

 

こんにちは!環境課のMです!

平昌五輪、大盛り上がりでしたね!\そだねー/

個人的にはビッグエアーを見て、さらにスノーボード欲が高まっております。

勢いあまって怪我しないように気を付けます(今年は前厄なので、、)

 

 

さて、皆さんは”日暈”という現象をご存知ですか???

 

IMG_9044

DSC_0727
二つの写真のように、円状にできる虹のことを「暈(かさ)」といい、

太陽の周りに虹ができる場合は「日暈(ひがさ、にちうん)」、

月の周りにできた場合は「月暈(つきがさ、げつうん)」と呼ぶそうです。(ハロ現象と呼ぶことも??)

私は今まで丸虹と勝手に呼んでいましたが、こうした正式名称があるようです( ゚Д゚)

 

一般的には雲を形成する氷晶がプリズムとして働き、光の屈折によって起こる現象ですが、

二つの写真の”日暈”は雪がプリズムの役割を果たしている、とても珍しいケースです!

運が良いと、霧ヶ峰でこのような光景に出会うことができます(^^♪

 

 

突然ですが問題です!\デデン/

この霧ヶ峰で撮影された2枚の”日暈”の写真、実は大きな違いがあります。

さて、その違いとは何でしょう??

 

 

 

ヒント①:写真をよ~~~く見ると、、

 

 

 

 

 

ヒント②:1枚目は遠くに、2枚目は撮影場所から近くに虹ができています。

 

 

 

 

 

 

正解は、、

1枚目は自然の雪によってできたもの、

2枚目はスノーマシンから出た雪が風で舞い上がってできたものなんです!!

問題を出しておいてですが、分かった方がいらしたら、驚愕です( ゚Д゚)笑

 

1枚目の”日暈”も珍しい現象ですが、

2枚目は、風向き、太陽の位置など様々な条件が偶然揃ったことで現れた

さらに珍しい光景です!!!

 

 

似た現象でほかにも幻日、環天頂アークなどがあります、

興味のある方はぜひ調べてみてください!

 

虹というと、

小学生の頃に夏休みの自由研究で虹の作り方について勉強したことを思い出します。

なつかしい(^ω^)

 

 

霧ヶ峰に訪れた際や、ふとした時に太陽を見たら、

こんな珍しい光景を目にすることができるかもしれませんね!!

上を向いていきましょう!!笑

 

それでは!

次回のブログでまたお会いしましょう(^^♪

 

P.S.

最近、環境課からも虹が見えました!

虹④

LINEで送る

このブログのトップへ