諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

上野大根の漬け込みの季節です!




上野大根は、諏訪市豊田上野地区の特産品で、信州の伝統野菜に認定されています。
硬くて辛いのが特徴で、主にたくあん漬けに利用されています。
その歴史は古く、元禄時代に高島藩の殿様に献上されたという言い伝えがあります。

上野大根は長い歴史の中で、他の大根との交雑が進み、上野大根ならではのずんぐりした体型の崩れや大きさのばらつきが問題になっていました。

そのため、7年間かけて、「F1育成法」により上野大根の特徴を取り戻し、平成12年に「諏訪湖姫」の名前で品種登録されました。


上野大根を使ったたくあん漬けは、地元では「おこうこ」と呼ばれ、長く諏訪人に親しまれてきましたが、最近では上野大根を食べたことのない世代が増えてきました。

多くの人に上野大根を知ってもらい、「つくる」「漬ける」技術を引き継いでもらうため、諏訪市と上野農事大根組合・上野大根加工組合が協力し、上野大根体験ツアーが企画されました。

写真は、11月17日(土)に開催された上野大根収穫ツアーの光景です。

  雨の中、皆がんばっています・・・・。


  収穫された大根は選別され、袋につめられて出荷されます。
 

1週間後、諏訪市のうめえもん市にて、上野大根の漬け方のデモンストレーションが行われました。
ご指導いただいたのは、上野大根加工組合の笠原正夫副組合長さんです。

漬け物初心者や漬け物自慢の皆さんが興味津々で見守ります。

乾燥した柿の皮と、なすの葉を一緒につけ込むのがコツです。


        長野県の地産地消推進キャラクター「旬ちゃん」と、諏訪市の公認宣伝キャラクター「諏訪姫」も応援に来てくれました。


漬け物をするのはチョット大変という方には、たくあん漬けの予約ができます。
JA信州諏訪までお問い合わせください 。
11月末まで予約を受け付けています。
(JA信州諏訪 すわこ営農センター 0266-57-2218)

~予約終了しました~

LINEで送る

このブログのトップへ