南信州お散歩日和 南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:坂部の雪祭り(天龍村)】

南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:坂部の雪祭り(天龍村)】

長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の観光・自然・花 > 天空の大パノラマ!しらびそ高原&下栗の里(飯田市上村)

天空の大パノラマ!しらびそ高原&下栗の里(飯田市上村)

地域政策課のHKです。

新緑の季節を迎えた、飯田市上村のしらびそ高原下栗の里へ行ってきました!

 

飯田市街から喬木村に入り、矢筈トンネルを抜けてすぐに、国道152号線からしらびそ高原方面に道を入って行きます。

しばらく上っていき、辿り着いたのが「しらびそ峠」

shirabiso1

shirabiso2

さらに上っていくと、「ハイランドしらびそ」に着きます。

ハイランドしらびそは、標高1918mにあるレストラン付設の宿泊施設です。(冬季は休業)

shirabiso3

敷地内には、かつて遠山郷で木材を運んでいた「遠山森林鉄道」の車両が残されています。

shirabiso3-2

建物東側にある展望台からは、南アルプスの大パノラマを望むことができます。

shirabiso4

反対の西側からは、中央アルプスが見えます。

shirabiso5

ハイランドしらびそのホームページはこちら

 

しらびそ高原を後にし、下栗の里へ向かいます。ここからは、ずっと下り坂が続きます。

しばらく下って行くと、途中で 隕石クレーターの案内板に出会いました。

shirabiso6

2~3万年前に衝突した直径約45mの隕石による、約900mに及ぶクレーターがこの地にあります。

shirabiso7

さらに下って行くと、下栗の里に辿り着きます。

下栗の里の観光拠点「はんば亭です。

地元おばあちゃんの手打ちそば、長野県伝統野菜指定の下栗イモの田楽・コロッケなどを楽しむことができます。

shimoguri3

shimoguri4

はんば亭の隣りには、宿泊施設「高原ロッジ下栗」があります。

shimoguri5

はんば亭のホームページはこちら

高原ロッジ下栗のホームページはこちら

 

はんば亭から、20分ほど山側へ歩いて行くと、天空の里ビューポイントへ行くことできます。

shimoguri6

shimoguri7

shimoguri8

ここから望める絶景がこちら!

shimoguri2

まさに、天空に浮かぶ集落といった感じですね!

下栗の里は、標高800~1000mの最大斜度38度の急傾斜地にあります。

その美しさから「日本のチロル」と呼ばれており、日本の里100選にも選定されています。

shimoguri1

 

はんば亭に戻り、今度は下って里の中を歩いてみました。

里の中に入ってみると、改めて傾斜地にある集落だと実感します。

また、バックの美しい山並みと相まって、何か物語の世界に入ったかのような風景に感動すら覚えます。

shimoguri9

shimoguri10

shimoguri10-2

 

さて、遠山郷といったら、毎年12月に行われる霜月祭り。

下栗で開催される神社は、 拾五社大明神です。

shimoguri11

霜月祭りのホームページはこちら

 

下の写真は、天空の里ビューポイントを里側から撮影したものです。

中央に木が生えていない、暗くなっている場所があります。ここがビューポイントです。

shimoguri12

 

しらびそ高原と下栗の里は、四季折々に雄大かつ美しい風景を見せてくれる場所です。

ぜひ、休日にはこの絶景をご覧にお出かけください。

 

(しらびそ高原までは、飯田ICから車で約75分/松川ICから車で約90分です。しらびそ高原から下栗の里は約30分です。国道152号線からは狭く、カーブが連続する道が続きます。対向車に十分注意の上、安全運転でお願いします。)

LINEで送る

このブログのトップへ