南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

南信州の今月の花「スノーボール」

農業改良普及センターのHです。南信州管内の春先の代表的な出荷花は「スノーボール」です。

DSC_0811 (1)

スノーボールの花言葉は「茶目っ気」「誓い」などだそうです。

白い花がアジサイのようにまとまって咲く姿から「茶目っ気」、ウェディングブーケやヘッドドレスに利用されることにちなみ「誓い」だそうです。

DSC_0816 (2) DSC_0822

スノーボールは、その名の通り、最終的には雪のような白色になりますが、咲き初めの涼しげな黄緑色の時期に収穫します。

例年ですと5月上旬頃が出荷ピークですが、今年は3月の気温が全般に高かったせいか、出荷が早まり4月下旬に出荷ピークを迎えています。
初夏の暑さに涼しさを感じさせてくれる花の一つとして、母の日の花束や、結婚式のブーケ、フラワーアレンジメントなどに幅広く利用されます。

DSC_0828

控えめな脇役ですが、主役を引き立たせるための名役者「スノーボール」。関東・中京・関西方面を中心に、約12万本が出荷されます。

南信州の切り花出荷も、だんだん本格化していきます。

このブログのトップへ