南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の観光・自然・花 > 南信州グリーン・ツーリズムネットワーク「この指とまれつながり逢いの会」の創会を開催しました。

南信州グリーン・ツーリズムネットワーク「この指とまれつながり逢いの会」の創会を開催しました。

南信州農業改良普及センターのKです。

平成30年2月28日に「この指とまれつながり逢いの会」の創会(この会では総会を「創会」と称しています。)が南信消費生活センターで行われました。

この会は、平成17年に発足し、農家民宿や観光農園経営者など異業種の方々によって組織され、南信州のグリーン・ツーリズムの構築を目指し活動が展開されています。

本年度は、伊那市「山荘ミルク」視察(6月)、売木村「山村留学売木学園」・「星の森オートキャンプ場」視察(7月)、大鹿歌舞伎の観劇(10月)、奄美大島のグリーン・ツーリズム視察研修(1月)などを行い、地域資源の発掘や交流を通じた魅力ある経営体の構築に向けた活動が行われました。

カシャ餅   島唄1

奄美大島グリーン・ツーリズム視察研修「カシャ餅作り(左)」、「島唄(右)」

 

創会後には研修会が開かれ、講師に株式会社南信州観光公社の高橋社長を招き、「これからの農家民宿の展望について」講演いただきました。

研修会

これから当地域では、リニア中央新幹線や三遠南信自動車道開通等により地域交流人口の増加が見込まれるとともに、外国人観光客も南信州観光公社の受け入れ実績で平成28年は520人だったのが、平成29年度は1,067人と急速に増加しているとのことで、今後一層多様化するニーズに対応した受け入れ体制を整備していく必要があることがわかりました。

 

研修会の後には「言いたい放題会」が実施され、参加者の近況報告や会の今後の展開等について自由活発な意見交換が行わました。

言いたい放題会

 

来年度は外国人旅行者を受け入れている農家民宿の視察や、中国語講座、郷土食の研究などが予定されています。

この会はどんな方でも入会できますので、会の活動に興味のある方は事務局の南信州農業改良普及センター(電話0265-53-0437)までお気軽にお問い合わせください。

このブログのトップへ