南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

南信州の今月の花「南天」

南信州農業改良普及センターのHです。

南信州管内では、現在「南天、花竹、花梅」といった正月用の花木が多く栽培されていますが、そのなかでも「南天」はトップバッターとして出荷が始まり、農家は収穫に大忙しです。

収穫

↑ 豊丘村の農家にて撮影させていただきました

南天は天竜川の東側地域を中心に、200戸以上の農家が、5ha以上の作付けをしています。

斜面

↑ 南向きの斜面を中心に作付されています

本年は全国的に実付きや色付きが良く豊作とのことで、この南信州管内からも安定した出荷が見込まれます。

南天は「枝」で出荷されるほか、最近は「房」での出荷が増えています。

房改

↑ 市場からの注文も「房南天」が増えています

 

南天にも花言葉があり、赤い南天の花言葉は「幸せ」「私の愛は増すばかり」「よき家庭」などがあるそうです。

また、「難を転ずる」ということで、古くからお正月の縁起物とされています。

大きな商業施設などに飾られる立派な門松から、小さな商店やホームセンターなどで売られる正月飾りなど、南天は幅広く使われます。

家の前

↑ 農家の庭先の南天も綺麗に色付いています

 

普段何気なく目にしている門松やお正月飾りには、それぞれの花材に意味があります。

いよいよお正月、南天の花言葉を思い浮かべながら門松や飾りを見てみてください。

LINEで送る

このブログのトップへ