南信州お散歩日和 南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:飯田市下栗の里】

南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:飯田市下栗の里】

長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の観光・自然・花 > 阿南町・泰阜村 集めて「橋カード」

阿南町・泰阜村 集めて「橋カード」

飯田建設事務所整備課のMです。

今回は、阿南町と泰阜村にて始まった注目イベントの紹介をさせていただきます(既にタイトルに出ていますが笑)。

 

突然ですが、みなさん「インフラカード」ってご存じでしょうか?
これは土木に関する施設のことをより多くの方に知っていただくために作られたカードで、両面にそれぞれ施設の写真や構造等に関する情報が載っているのが特徴です。

 

有名どころだと、ダムカードなんかは知っている方も多いではないでしょうか。
また、最近では各地方自治体ごとに様々なデザインを有しているマンホールカードなども人気が出てきていたり。

 

橋カードプロジェクト

そんな中、阿南町・泰阜村(with飯田建設事務所)では、今回それぞれの町村内にある橋を紹介する橋カードプロジェクトを立ち上げ、カード配布を9月1日より開始いたしました

橋カードイベント画像
 

阿南町も泰阜村も長野県の最南端の山あいに位置しているため、急峻な地形が多いことから、県内でもトップクラスの数の橋梁が架かっています(阿南町・泰阜村両方で合計383橋)。

橋の数

上の図からもわかるように、町村内を通る国道・県道にはかなり密に橋が架かっていますね。

 

そんな阿南町と泰阜村が、橋のことをもっと知っていただきたいという思いから、また、橋の象徴である「ツナガリ」をより多くの方と持ちたいという願いから今回この橋カードを作成いたしました。

今回のプロジェクトでは、町村内にある383橋のうち、厳選した11橋(+シークレット)をカードとして配布します。

橋カードサンプル

 

実はこの橋カード、インフラカードの中でもレアみたいで調べてみたら全国でも配布しているのは埼玉県くらいだそうです。マニアの中でもさらにマニア向けのカードということですね笑

埼玉県 橋カードHPはこちら(外部リンク)

 

橋カードの入手方法は、

町村内に位置する各観光地や施設を利用していただき、そこでお店の方に欲しい旨を伝えていただければゲットできます。

入手方法

 

施設は、阿南町で6か所、泰阜村で5か所になります。

また、11種類全部を集めて阿南町役場に行くと、シークレットカードもゲットできます!

 

 

もっと詳細情報を知りたい方は特設サイトも

建設事務所内のHPに開設していますので、より詳細情報を知りたい方、少しでも興味を持っていただいた方はぜひ下のリンクから確認してみてください!

 ・特設サイトはこちら

 

 

『集めたカードを収めたい!』

て、カードを集めているうちに思いますよね?

その際は、フォルダ付コンプリートガイドがありますので、ぜひご活用ください。
ガイドは橋カードを配布している各施設や、近隣の道の駅、阿南町役場、泰阜村役場、飯田合同庁舎のパンフレット置き場にあります。

コンプリートガイドフォルダ

 

こちらのガイド、全部で9ページほどのガイドになっていて、橋カードの入手方法や位置図が書いてあるだけでなく、入手したカードを収められるように工夫がしてあります。

ちなみに、少し中をご紹介すると、、

位置図

 

こんな感じのマップも見開きでついていますので、どこにカードになった橋があるのか、ビューポイントはどこかがわかります。
ほかにも、南町・泰阜村の観光地やおいしいご飯どころを紹介したおすすめポイントも紹介されているのでとても便利です。

 

 

全種類揃えた方は!

特典があります!

まずは11種類ゲットを目指していただき、最後に阿南町役場に来ていただけるとシークレットカードが入手できます。
11種類+シークレットカードを制覇された方には、先着15名に地元の特産品を含んだ豪華景品がもらえるので、ぜひぜひ目指して集めてみてください!
ちなみに、カードもコンプリートガイドも数に限りがあるのでご注意を。

 

 

最後に余談ですが、

橋って、通過しているだけだと気づきにくいですが、よく見ると本当に色んな形のものがあります。

でも、どうしてその形式の橋なのか、て言うのは建設に携わっていないと中々わかりにくいものです。
入手していただく方には、少しでもその謎に興味を持っていただければと思っています。
また、このイベントを通じてより多くの方に阿南町・泰阜村の魅力が伝わり、みなさんと「ツナガル」ことで、地域の活性化にも貢献できればと思います。

LINEで送る

このブログのトップへ