南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

ブログをはじめました!!

こんにちわicon23

下伊那地方事務所です。

この度は、当ブログにご訪問いただき、誠にありがとうございます。

長野県の南端に位置する飯田・下伊那地域は、「南信州」という地名で親しまれています。

ここで、「南信州」を簡単にご説明します。

1市3町10村からなるこの地域は、静岡・愛知・岐阜の3県と接しており、面積で言えばなんと香川県や大阪府より広い地域です。
天竜川が中央部を流れ、東には南アルプスがそびえ立ちます。
気候は、県内では最も温暖で、降水量も多い地域です。
交通は、中央自動車道が南北に走り、現在、三遠南信自動車道を整備中です。
 そして、将来はリニア中央新幹線の駅が設置されます。
農業は市田柿・なし・りんごなどの果物や畜産、また、森林面積が大きく林業も盛んです。工業では精密機器、地場産業として水引や半生菓子も有名です。
観光も昼神温泉をはじめ、随所に温泉があり、また、大鹿歌舞伎などの伝統芸能も盛んです。




また、飯田弁という方言が使われ、やわらかいイントネーションが特徴なんだに!

この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、「南信州」にどうぞおいでなんしょicon01

このブログのトップへ