南信州お散歩日和 南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:飯田市下栗の里】

南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:飯田市下栗の里】

長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 飯田合庁だより > ふるさと信州風景百選の地域審査(一次審査)を行いました

ふるさと信州風景百選の地域審査(一次審査)を行いました

 初めまして、建築課のAと申します。建築課という課は、建築物についての仕事が多いのですが、『景観』ということについての仕事も行っています。

 今回は、『景観』について関連する紹介です。

 県内には、自然の地形が生み出す変化に富んだ風景と、生産や生活の営みが作り出す風景など、「ふるさと」を感じさせる農村風景が数多くあります。

 県では、これらの農村風景の写真を百選として選定し一冊の本として刊行、地域の魅力を県内外に発信するため、4月より『ふるさと信州風景百選』として、農村風景の写真を広く募集しています。

 また、応募いただいた写真の選定のために地域審査委員を募集し、54名の方に応募いただき、農林業や観光の団体、市町村の職員などにも参加いただき、10月17日(木)に飯田合同庁舎講堂にて、下伊那地域審査(一次審査)を行いました。

 写真の募集は9月末目での前期と、来年4月末までとの後期とに分かれていますので、まだまだ写真の募集は行っています。「こんな良い所があるよ。face02」と、写真に収めて応募いただきますようお願いします。

 写真募集案内についてはこちら


 地域審査会当日は、前期分の4月から9月に応募いただいた73か所の写真を、公募審査員を含めて59名の審査員に審査いただきました。










 写真の良さはもちろんですが、「信州らしさ」や「ふるさと」を実感できる農村風景にふさわしい場所を選んでいただくということで、審査員の皆さんも「なかなか難しいな。face10という声も聞こえてきました。










 一次審査で選ばれた写真の紹介は、次回に掲載いたします。

 皆様に選んでいただいた写真は、他の9つの地方事務所ごとに行われる地域審査で選ばれた写真と合わせて、11月に二次審査が県庁で行われる予定です。

 また、12月21日(土)午後1時から、長野県伊那文化会館にて「ふるさと風景育成の集い」と題して、地域の「魅力あるふるさと風景の創り方」について、講演会やパネルディスカッション等を行うことを計画していますが、その会場にて、一次審査で選ばれた写真をご紹介する予定でございます。

 師走、年末のお忙しい時期でございますが、景観はもちろん魅力ある地域づくりに興味のある方は、是非ご参加いただきますようお願い申し上げます。

LINEで送る

このブログのトップへ