南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の食・味・お土産 > 伝統の味!南信州のご当地グルメ「五平もち」~その2~

伝統の味!南信州のご当地グルメ「五平もち」~その2~

地域政策課のHKです。

南信州伝統の郷土食「五平もち」を紹介するシリーズの第2回です。

(前回はこちら

今回も、南信州の五平もちをいくつかご紹介します。

【飯田五平もち楽会のイメージキャラクター「飯田五平くん」と家臣の「くるみシスターズ」】

goheikun

まずは、大鹿村の「大鹿村特産物センター秋葉路(あきばみち)」です!

 

ここは、松川インター方面から大鹿村に入って、分岐を右に曲がり、役場の前を通って国道152号線を大河原方面へ行きます。

そして、しばらく進むと右側にあります。

下の写真左側が、国道152号線です。右側に「秋葉路」があります。

センター前のスペースがとても広いので、駐車に困ることはありません。

akiba1

akiba2

akiba3

ここは、大鹿村の特産物をたくさん販売していますが、中に食堂もあります。

そこで提供している五平もちがこちら。

akiba4

五平餅セット、550円(税込)です。

形は眼鏡型。タレは味噌ベースで、くるみが入っています。

味付けは少し塩味が強く感じました。

五平もちだけ食べていると、少しくどい感じがしますが、それを和らげてくれるのがこれ!

akiba5

大鹿村特産の「ゆずの入った白菜の漬け物」です。

爽やかなゆずの香りが口の中をリフレッシュして、また五平もちを食べたくなります。

五平もちの味を一層引き立てていて、絶妙な組み合わせです。

大鹿村のおばさんたちが手作りしている五平もち、ぜひ一度ご賞味ください!

「秋葉路」の場所はこちら(長野県下伊那郡大鹿村大河原390)

 

次に紹介するのは、下條村の「道の駅 信濃路下條 そばの城」です。

ここは、国道151号線沿いにある道の駅です。

shimojo1

施設内の1階で、五平もちが販売されています。

shimojo2

昨年、読売テレビ系列「秘密のケンミンショー」で五平もちが特集されたときに紹介されたのが、ここの五平もちです。

小さい「串五平餅」が1本100円(税込)、大きい「二の丸五平餅」が250円(税込)で販売されています。

串五平餅は、眼鏡型です。丸みをおびた団子になっています。

 

shimojo6

二の丸五平餅は、平らで大きいです、これで250円はお得です。

焦げ目がしっかりついていて、香ばしいです。

shimojo5

どちらもタレは味噌ベースで、くるみが入っています。

味付けは少し甘目に感じました。

好みに合わせて2種類の五平もちが買える、貴重なお店です。

「そばの城」の場所はこちら(長野県下伊那郡下條村睦沢4331-5)

ホームページはちら

 

最後に紹介するのは、高森町の「野の花亭」です。

ここは、高速道路よりも更に上の山側にあります。

高森町の温泉施設「湯ケ洞 御大の館」のある道路沿いにあります。

(飯田市方面から来ると右側、松川町方面から来ると左側)

nonohana1

nonohana2

ここでは、お持ち帰りもできますが、店内で五平餅定食を食べることもできます。

五平もちは、1本135円(税込)です。

nonohana3

nonohana4

nonohana5

タレは味噌ベース。粗目のくるみが多く入っています。

味付けは少し甘目に感じました。

野の花亭の五平もちの特徴は、山椒です!

口に入れた途端、山椒の香りがふわっと口の中に広がります。

しかし、山椒の香りがきつ過ぎず、味噌味のタレの邪魔にはなっていません。

一味違った風味の五平もちを食べさせてくれるお店です。

「野の花亭」の場所はこちら(長野県下伊那郡高森町牛牧1896-1)

 

今回はこれまで。それでは、次回をお楽しみに!

 

※味などの感想は個人的意見です。ぜひ実際に食べてみて、お試しください。

LINEで送る

このブログのトップへ