南信州お散歩日和 南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:飯田市下栗の里】

南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:飯田市下栗の里】

長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の食・味・お土産 > 辛みと旨みが絶妙!大鹿唐辛子を使用した「漬物」と「一味唐辛子」のご紹介(8月31日おいしい記者会)

辛みと旨みが絶妙!大鹿唐辛子を使用した「漬物」と「一味唐辛子」のご紹介(8月31日おいしい記者会)

総務管理課のDkです。

南信州地域振興局では、飯田保健福祉事務所・飯田建設事務所と合同で開催している定例記者会に合わせて、「おいしい記者会」を開催しています。

「おいしい記者会」では、地域の特産品となりうる商品を開発者等が紹介するとともに、実際に記者の皆さんが試食し、各報道機関の新聞紙面等で紹介していただこうと開催しているものです。

※おいしい記者会の様子はこちら(南信州地域振興局ホームページへリンク)

 

今回(8月31日)ご紹介した商品は、大鹿村産の大鹿唐辛子を使用した「うま辛白菜漬」「一味唐辛子」です。

IMG_1912

開発したのは、大鹿村で地域素材にこだわり農産物加工や漬物販売を手掛けてきた前澤産業です。

大鹿唐辛子を栽培する大鹿唐辛子生産組合から「漬物に使えないか」と相談を受け、その場で即承諾し、試作品の製造に取り組んできました。

IMG_1915 IMG_1913

↑こちらが大鹿唐辛子

生産組合の多田組合長は「漬物との相性が抜群に良い」と太鼓判を押します。

 

開発の経緯などについて前澤産業・大坪社長は、「辛みが強いが旨味もある唐辛子なので、その特徴を生かすような商品づくりをした。辛過ぎないが辛くないと意味がないので、そのへんのバランスで苦労した。白菜の甘みを引き出し、唐辛子の辛みと旨味を絶妙なバランスに仕上げている。香りもすごく良く、辛いけど箸がすすむ逸品」と白菜漬をPR。

また、「より辛さを楽しみたい方のために」と一味唐辛子もご紹介。

各自の好みで「辛さ」を楽しめるのが良いですね
IMG_1914 IMG_1916

実際に食べてみると、まさに「辛過ぎず、でも辛い」!

ほど良い辛さで、そのまま食べても良し!ご飯のおかずとして食べても良し!と、食卓で大活躍の予感
一度食べるとやみつきになりそうです!
 

ぜひ皆さんも、「辛みと旨味の絶妙なバランス」をご賞味ください!

≪うま辛白菜漬≫1袋120グラム、200円(税別)で、前澤産業・キラヤ・飯田下伊那の直売所で販売。

≪一味唐辛子≫ 1本18グラム、560円(税別)で、大鹿村内のみでの販売。

いずれも、9月1日から販売開始です!

 

【お問い合わせ先】

株式会社前澤産業

電話番号:0265-39-2519

LINEで送る

このブログのトップへ