南信州お散歩日和 南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:阿南町平石農場のひまわり】

南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:阿南町平石農場のひまわり】

長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の食・味・お土産 > 6次産業化・事業化等研修会を開催しました!

6次産業化・事業化等研修会を開催しました!

こんにちは!農政課です。

 

平成29年2月13日(月)に6次産業化や新商品開発を目指している農業者等を対象に、

6次産業化・事業化等研修会を開催しました!

 

6次産業というのは、第1次産業(農業・林業等)とそれに関連した第2次産業(製造・加工)、

第3次産業(流通等)の融合等によって、地域ビジネスの展開や新たな業態の創出を行う取組を指し

「1次×2次×3次=6次産業」

とも表現されます。

6次産業化に取り組むと、これまでの生産物に新たな付加価値が生まれ、農家所得に繋がるメリットがあります。

 

長野県は平成28年1月末時点で6次産業化法に基づく総合化計画の認定件数が93件!で北海道と兵庫県に次ぐ

全国第3位!であり、6次産業化への取組が全国的に見ても進んでいるところです。

何を隠そう飯田下伊那地域は、6次産業の取組が盛んな地域で現在11件が認定を受けており、

高森町の市田柿や、天龍村の柚餅子など、「6次産業」という言葉が生まれる以前から6次産業の取組が特に盛んです。

IMG_4427

 

 

 

 

 

 

 

 

研修会の講師には、6次産業化中央プランナーの信太(しだ)陽子先生をお招きしました。

信太先生は中小企業診断士や、震災復興支援アドバイザーなどの肩書きもお持ちで、

企業や地域のブランディングやマーケティングが専門のプランナーです。

 

IMG_4429

 

 

 

 

 

 

 

 

研修の内容はパワーポイントの講演を行っていく中で、参加者にワークショップ(価値の源泉を整理する)を行ってもらい、自分達の持っている強みや弱み、これからやりたいことやターゲットをどこに絞るのかなどを書いてもらいました。

シートに文字で起こすことで、頭の中に有ることを整理でき、どこに問題があるかなどに気付くこともできます。

また、事業を共に行う仲間や家族と考えを共有できるようになります。

 

すらすら書ける人もいれば、手が止まってしまう人もいて、内容としては少し難しいように思われましたが、考えをまとめる上では一番いい方法なのではないかと思います。

 

今回の研修を通して、新たに6次産業化に取り組み、所得をあげる人が増えることを期待したいと思います。

 

LINEで送る

このブログのトップへ