南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の林業 > いい乾しいたけが出来ました!! 第57回飯伊地区乾しいたけ品評会

いい乾しいたけが出来ました!! 第57回飯伊地区乾しいたけ品評会

林務課のKです。 7月5日、飯伊地区乾しいたけ品評会が開催されました。

今年で57回を数える歴史と伝統ある恒例行事です。

今年は春の訪れが早く、しいたけの芽切の時期が早まったことと、その後に低温・乾燥の天候が続いたため、傘に白い亀裂の入った「天白」と呼ばれる良品が多く出品されました

  IMGP1492

品評会では、傘の大きさにより

「どんこ」……傘の直径が4.5cm程度で、厚肉・全開せず半球状で傘の縁が十分巻き込んでいるもの

IMGP1483

「こうこ」……傘の直径が、7cm程度で、中肉以上・中間で丸みを帯びて傘の縁が巻き込んでいるもの

IMGP1499

「こうしん」……傘の直径が8cm程度で、中肉以上・全開して偏平状で傘の縁はわずかに巻き込んでいるもの

IMGP1516

の3つの銘柄に分けて審査が行われました。

 

↓その中から阿南町の金田和由さんの「こうこ」が特賞「長野県知事賞」に選ばれました。

105金田和由【こうこ】

審査員から「従来、この南信州地域では「こうしん」に良品が多い傾向だったが、「どんこ」「こうこ」も含めた3銘柄で良品が採れる栽培となってきている」との高評価をいただきました。

 

出品された乾しいたけは、7月7日(土),8日(日)に飯伊森林組合において展示販売されました。

IMGP1587

 

 

 

 

1 2

このブログのトップへ