「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

長野県魅力発信ブログ > 「旬」の宅配便~佐久っと通信~ > 佐久のいい景色 > 野辺山から八ヶ岳(赤岳・横岳)へ行ってきました!!

野辺山から八ヶ岳(赤岳・横岳)へ行ってきました!!

佐久保健福祉事務所のヤマキチです。南牧村野辺山か県界尾根コースで赤岳に登り、横岳まで縦走しました。このコースはどちらかと言えばマイナーですが、直接赤岳の頂上へ登れるのが魅力的です。また、鎖場や梯子をグイグイ登っていきますので、登ったという充実感があります。

登山口からスタートしますが、登山道が隠れるほど笹で覆われて、また濡れていますので、雨具(下)の着用は必至です。足元が見えず、つまづきながら進むためか、結構長く感じます。

(登山道がどこにあるか分かりますか?)

0903 07.07笹道
 

崖沿いになると視界が開け、富士山が見え、やはりうれしくなります。しかし、富士山が見えたのはこの時のみで、後は雲やガスで見れませんでした。

0903 07.51富士山遠望
 

清里からの登山道を合流し、小天狗に到着します。そして少し登ると八ヶ岳が見渡せる素晴らしい場所に出ますので、一休します。

(赤岳(左)と横岳)

0903 08.17小天狗から赤岳横岳
 

そして、次の休憩予定地の大天狗を目指し尾根を進みます。縞枯れ帯やダケカンバ帯を快調に通過するとあれっ?岩場の下に着いてしまいました。どうやら大天狗を見落としてしまったようです。

(縞枯れ帯)

0903 08.59縞枯れ帯
 

(尾根沿いの登山道)

0903 09.12尾根の登山道
 

(ダケカンバ帯)

0903 09.26ダケカンバ帯
 

岩場の下で一休し、ポールを収納し手袋をして、もちろん気合を入れ岩場に取り付きます。岩や鎖が濡れていませんので、滑る心配は少ないのですが、一歩一歩確実に高度を上げていきます。

(岩場取り付き)

0903 09.39岩場取りつき
 

(鎖場を登る)

0903 09.41最初の岩登り
 

岩場は視界は良好で、登ってきた県界尾根、まさに倒れ掛かるような赤岳、横岳などが見えてきます。

(県界尾根(左)と真教寺尾根)

0903 09.44県界尾根と真教寺尾根
 

(倒れ掛かるような赤岳)

0903 09.53頂上を仰ぐ
 

(横岳と赤岳展望荘)

0903 10.00横岳、展望荘
 

(もう少しで頂上、頂上山荘が見えます。)

0903 10.06頂上小屋が見えてきた
 

(荒々しい横岳)

0903 10.12横岳(縦)
 

そして、頂上に到着します。久しぶりの好天の日曜日のせいか、頂上は大賑わい。鎖場での渋滞などがなかったため、意外に早く着くことができ、少し早いお昼休憩とします。

ここで偶然の出会いがありました。現在、このブログの「是より木曽路」で活躍中のサイクリストKさんに声をかけられました。(サングラス姿だったので30秒位誰か分かりませんでした…すみません。)そして、このブログの話が出てお互いのハンドルネームを知り、更に盛り上がりました。

 

(赤岳頂上)

0903 10.24赤岳頂上
 

(頂上から阿弥陀岳)

0903 10.21阿弥陀岳
 

(頂上から蓼科山まで)

0903 10.21北八ヶ岳
 

昼食後、サイクリストKさんと別れ、時間と相談しながら横岳を目指します。展望荘までの急坂を一気に下り、振り返ると赤岳がいかに急峻な山容であるかが分かります。

0903 11.09北側鎖場から頂上
 

流れるガスが多くなり、周囲があっという間にガスに包まれてしまいました。横岳は荒々しい姿をしていますが、実は高山植物の宝庫ですので、9月になってもまだ咲き乱れる高山植物を見ながら展望荘と横岳間を往復します。

 

(ヤマハハコ)

0903 11.42ヤマハハコ
 

(トウヤクリンドウなどが咲く坪庭のようなお花畑)

0903 12.13坪庭のようなお花畑
 

(毒草 トリカブト)

0903 13.15トリカブト
 

(イワヒバリのつがいが目の前を通り過ぎていきました。)

0903 11.24鳥
 

帰路は、往路を戻りますが、岩場は下りのほうが危険ですので、気合を入れます。本当よくこんなところを登ってきたなあと感心します。しかし、本当に危なかったのは登山口に近づいた笹で覆われた道で、足元が見えないし、長丁場で足が疲れているので、とにかくつまづく、つまづく。何回も転びそうになり、最後まで気を抜くことができませんで、駐車場所が見えた時はホッとしました。赤岳を県界尾根コースで登る方は、登山口付近の笹で覆われた道に要注意です。

(撮影 平成29年9月3日)

(問い合わせ先 佐久保健福祉事務所 電話0267-63-3162)

LINEで送る

このブログのトップへ