「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 「旬」の宅配便~佐久っと通信~ > その他 > 諏訪湖の御神渡りへ続く?「新海三社神社」

諏訪湖の御神渡りへ続く?「新海三社神社」

佐久地域振興局のえいちゃです。

2月に入って、一段と寒いですねえ。

 

諏訪湖では、5年ぶりの御神渡りができて、湖畔は賑わっているようですね。

5日の拝観式では、3本できた筋のうち、諏訪市・下諏訪町境から南西の方向に向かっている筋が「佐久之御渡り」(さくのみわたり)と認定されたそうです。

 

さて、諏訪湖なのに、何で「佐久」が登場するのでしょう。

調べてみました。

 

奥 DSC04172

佐久市田口の新海三社神社は、その名のとおり、3つのおやしろがあります。

 

 

 

東本社

東本社の興波岐命(おきはぎのみこと)が、諏訪湖まで父神・建御名方命(たけみなかたのみこと)を訪ねた跡が佐久之御渡りなんです。

ということで、今年は、5年ぶりに親子の対面もできたんですね。

 

 

と、感動的な解説をしながら、ちょっと疑問も。

 

中本社

実は、新海三社神社の中本社には、いつも建御名方命が祀られているんです。建御名方命は、そう、諏訪大社上社の男神様そのひとです。いつも隣にいるのにわざわざ諏訪湖まで訪ねて会うっていうのも、神様のなされることは、よくわかりません。

 

 

1 2

このブログのトップへ