「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

長野県魅力発信ブログ > 「旬」の宅配便~佐久っと通信~ > 佐久の企業 > 信州の土地と人が育てたイタリアンレストラン Al Sorriso(佐久市佐久平駅南)

信州の土地と人が育てたイタリアンレストラン Al Sorriso(佐久市佐久平駅南)

 長野県では「日本一創業しやすい環境づくり」を目指しており、下記に代表されるような様々な創業者支援の施策を行っております。佐久地方事務所商工観光課では「創業者インタビュー」と題して、佐久管内にて創業後5年以内の事業者に訪問して伺ったお話を発信しています。

保証料と金利を合わせた事業主負担が全国一低い
 「長野県中小企業融資制度―創業支援資金―」

創業者等の法人事業税を課税免除する
 「創業等応援減税」

登録された民間の専門家を派遣し、適切な助言等を行うことにより課題解決を図る
 「専門家派遣事業(創業間もない事業者向け)」

多岐に亘る経営課題や、地域活性化のために、地域の支援機関の皆様と連携しながら対応する
 「よろず支援拠点」

本日ご紹介するのは佐久市にあるイタリア料理店の『Al Sorriso』です。代表の竹内晃さんにお話を伺いました。

店舗入口
店舗入口

―こんにちは。本日はよろしくお願いします。最初に創業のきっかけを教えてください。

 高校生の時に軽井沢にある飲食店でアルバイトをしていました。そこでは調理だけではなく、サービス等も含めたお店全般の仕事に関わらせていただき、お店の方に飲食店で働くことを薦められました。飲食店で働くことは楽しかったことに加え、将来、手に職をつけたいと考えていたこともあり、そのお店で紹介された東京の飲食店に就職をしました。最初に就職をした時から、一人前になったら地元で自分のお店を持ちたいと考えており、40歳を節目に独立しました。

―お店の特徴を教えてください。

 当店には薪釜がありますのでその薪釜を使った料理を一番の売りにしています。食材は地元の野菜とお肉、県外産の魚介類を使い、お酒はイタリアや鹿児島で働いていたことがありますのでイタリア産のワインや鹿児島の焼酎を取り揃えるとともに、佐久の日本酒を揃えるといった自分の今までキャリアと地元の食材を結び付けた料理を提供しています。

薪釜
薪釜

薪
外には薪がたくさん

プロシュートとワイン
プロシュートとワインの展示

―地元の野菜とお肉を提供するということですが、県外で働かれていた方の目から見て県内の食材は競争力があると思われますか。

 食材によると思います。どこの土地でも長野県の高原レタスや鹿児島のソラマメのような4番バッターになることができる食材はあると思います。ただし、地元の方はその食材を食べ慣れているため、慣れ親しんだ料理を提供するのではなく、レストランとして食べ方を提案していく必要はあると思います。

―創業にあたりご自身の経験以外で参考にしたものがあれば教えてください。

 37歳の時に鹿児島県で働いていたのですが、働いている先の社長に許可をもらった上で、創業するにはどうしたら良いかを中小企業整備基盤機構に問い合わせをしました。そうしたところ「(財)かごしま産業支援センター」を紹介してくださり、そこで1年半のうちに5~6回程度、事業計画等のアドバイスをいただきました。そのため、こちらに戻ってくるまでには事業計画等の創業に必要なものはほぼ揃っていました。 

―創業前に困ったことを教えてください。

 長野県での職歴が全くなく、人脈、食材、土地柄等を全く把握せずに帰ってきたため、物件や食材探しという点で苦労しました。電気屋さん、ガス屋さん等のツテをたどって探していきました。

―創業して良かったことを教えてください。

 人との出会いです。雇われて仕事をしている時より、人との出会いが多くなりました。人として恵まれると経験や心が豊かになるため、そこが一番良かったです。

―創業前と後でのギャップがあれば教えてください。

 雇われている時は部分的な仕事をすれば良かったのですが、創業すると料理だけでなく、空調、音楽、広報等のやるべき仕事が多岐にわたるということを改めて感じました。

―料理人の世界は厳しいとお聞きしますが、あきらめず続けられた秘訣を教えてください。

 負けず嫌いな性格と与えられた仕事をきちっとやり遂げたいという責任感が強かったことです。誰よりも早く行って、誰よりも遅く帰るのは苦ではありませんでした。むしろ、いろいろな仕事が覚えられていくことは自分の将来につながるため、楽しい気持ちが勝りました。確かに辛いことが多いかもしれませんが、辛いということを自分のためと置き換えると辛くなくなると思います。

―イタリアでも修業をされたとのことですが、仕事をしながら勉強を続けられる秘訣を教えてください。

 実際にイタリアで修業をされた先輩に「行きたいという漠然とした想いではなく、いつまでに行くという区切りをつけないとダメだ」とアドバイスをいただきました。そこで何歳までにイタリアに行くと目標を立て、NHKのイタリア語講座を見て勉強しました。

―語学の上達のコツはありますか。

 イタリア語の勉強では、イエスかノーで帰ってくる聞き方を中心に覚えました。日常生活の表現は多種多様なため、一つの質問にいろいろな返し方があります。そのため、相手がイエスかノーで答える聞き方を意識して勉強しました。

―今後の目標を教えてください。

 まずは5年目を迎えることです。5年目を迎えたところでその後の5年について計画を立て、10年目を迎えたら一つの区切りをつけてそこで何かをしたいと思っています。

―本日はありがとうございました。

内観
内観

佐久地方事務所商工観光課 ケッシーナ

店 舗 情 報
店     名 Al Sorriso(アル ソリーソ)
住     所 〒385-0029 長野県佐久市佐久平駅南7−5
電 話 番 号 0267-88-7570
F A X 番 号 0267-88-7574
営 業 時 間 11:30~14:00(ランチ)
18:00~22:00(ディナー)
定  休  日 火曜日

長野県では、サービス産業振興室主催の「信州いいね!企業インタビュー」でも佐久地域の事業者をご紹介しています。
(信州いいね!企業インタビュー全県版はこちらから)
http://service.naganoblog.jp/
(信州いいね!企業インタビュー佐久地域版はこちらから)
http://service.naganoblog.jp/c73171.html

LINEで送る

このブログのトップへ