信州を食べよう

美しい山々に囲まれた自然豊かな長野県は、全国の食卓に食材をお届けする農業県です。四季の変化に富んだ環境が、たくさんのおいしい農産物を育んでいます。 おいしい信州の農産物をお楽しみください。

長野県魅力発信ブログ > 信州を食べよう > その他 > デビュー!皮ごと食べられる赤色系ぶどうの新品種!

デビュー!皮ごと食べられる赤色系ぶどうの新品種!

県果樹試験場が、皮ごと食べられる赤色系のブドウの新品種を開発しました。

シャインマスカット、ナガノパープルと同様、長野県を代表するブドウとして生産振興に取り組みます。

1 新品種『ブドウ長果11』の特徴

ブドウ長果11-1 ブドウ長果11-2  ブドウ長果11-3
〇皮ごと食べられる赤色の大粒品種で、収穫期は「巨峰」「ナガノパープル」よりやや遅く、「シャインマス カット」とほぼ同じ9月下旬頃です。

〇糖度が高く、酸味とのバランスもほど良く、ほのかなマスカット香があります。

〇「ナガノパープル」「シャインマスカット」と同様に、“種なし栽培”が容易に行えます。
品種名 果皮色 果粒重(g) 糖度(%) 収穫期 育成者
ブドウ長果11 12~13 22~23 9月下旬 果樹試験場
シャインマスカット 黄緑 12~14 19~20 9月中下旬 農研機構(国)
ナガノパープル 紫黒 13~15 18~21 8月下旬~9月上旬 果樹試験場

これから栽培が始まりますので、実際に市場に出回るのはまだ先ですが、ぜひとも楽しみにしていてください!

LINEで送る

このブログのトップへ