長野県は日本一

長野県には、誇れる日本一がたくさんあります。 長野県は、「行ってみたい」 「見てみたい」「住んでみたい」「経験してみたい」魅力にあふれています。

長野県魅力発信ブログ > 長野県は日本一 > 加工食品 > 塩を使わない日本唯一の漬物「すんき漬け」

塩を使わない日本唯一の漬物「すんき漬け」

こんにちは、信州ブランド推進室のぶしょんです。

今回は一般的な漬物とは一味違う、全国的にも珍しい「すんき漬け」のお話。

「すんき漬け」とは、毎年11月下旬頃から木曽地方で作られている伝統的な漬物。
漬物といえど、食塩は一切使用せず、赤カブの茎葉を乳酸発酵させて作ります。
MG_4399-640x426

「米は貸しても塩貸すな」と云われる木曽谷の郷土背景と、
厳しい冬を越すために先人たちの知恵が育んだ、冬の保存食です。

長野県選択無形民俗文化財の「味の文化財」や
スローフードインターナショナルの「味の箱舟」として登録され、
世界にも注目されています。

sw14822122151002MG_2621-640x426

また銀座NAGANOでは売り切れが出るほどの人気で、
毎年、すんき漬けの発売を待ちわびている人が多いです。

乳酸菌で発酵させてあるため、とっても「すっぱい」のが特徴ですが、
この酸っぱさがクセになる美味しさなのです。

すんきを温かいかけそばに入れた「すんきそば」は、木曽の冬を代表する味です。
大晦日にすんきをトッピングして、信州そばでお年とりはいかがでしょうか。

sw14822121751533

銀座NAGANOですんき、すんきそばを取り扱い中です。
商品のお問合せは銀座NAGANO(03-6274-6015)まで

「おいしい信州ふーど(風土)」図鑑 すんき漬け

LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE