自然と遊ぼう!ネイチャーツアー

~自然に触れる、学ぶ、そして守る~ 自然環境や生物多様性、自然体験型ツアーについての情報をお届けします。

長野県魅力発信ブログ > 自然と遊ぼう!ネイチャーツアー > ライチョウサポーターズ > ライチョウサポーターズ養成講習会を開催しました‼

ライチョウサポーターズ養成講習会を開催しました‼

皆さん、こんにちは!!

自然保護課のブログ担当 カモシカです。

平成29年12月3日(日)に長野県飯田合同庁舎講堂においてライチョウサポーターズ養成講習会を開催し、約100名の方にご参加いただきました。

ライチョウサポーターズは、ライチョウの目撃情報を提供したり、生息地の保全活動や普及啓発活動などを支援していただくボランティアの皆さんです。平成27年度から募集を開始し、今回の講習会で新たに70名の方が登録され、合計で323名の方が長野県の「ライチョウサポーターズ」となりました。

今回の講座は、飯田市美術博物館と南アルプス自然環境保全活用連携協議会との三者合同の開催で、講師は長野県環境保全研究所の堀田昌伸専門研究員と、静岡ライチョウ研究会の朝倉俊治会長でした。

堀田専門研究員からは、サポーターズの皆さんから提供していただいたライチョウ目撃情報を使った分析の紹介があり、朝倉会長からは南アルプスでの生息調査の結果など、大変興味深いお話をしていただきました。

堀田さん質疑

 

ライチョウサポーターズについては、長野県のほか、富山県や、南アルプス自然環境保全活用連携協議会でも、それぞれ別のサポーター制度を運営しています。今回の講習会を受講することで、このうち長野県と南アルプス自然環境保全活用連携協議会の2つのサポーター制度に登録されるという、とってもお得な講習会でした。

国内のライチョウの生息数は、1980年代の約3,000羽が、2000年代には2,000羽弱に減少したと推定されています。また、平成26年度に改訂した県版レッドリストで、絶滅危惧II類からIB類に絶滅危険度がアップしました。山岳環境の象徴であり、絶滅が危惧される県鳥ライチョウを、サポーターの皆さんと守っていきたいと思います。

長野県自然保護課では、ライチョウの目撃情報を収集しています。登山される方、ライチョウを目撃されましたら長野県自然保護課まで情報をお寄せ下さい
E-mail:shizenhogo@pref.nagano.lg.jp  FAX:026-235-7498

※ライチョウサポーターズのページ

http://www.pref.nagano.lg.jp/shizenhogo/kurashi/shizen/shizen/raityou.htm

☆関連ブログ☆

ライチョウサポーターズの活動(火打山における協働型環境保全活動への参加)

http://blog.nagano-ken.jp/nature/?p=2716

LINEで送る

このブログのトップへ