自然と遊ぼう!ネイチャーツアー

~自然に触れる、学ぶ、そして守る~ 自然環境や生物多様性、自然体験型ツアーについての情報をお届けします。

長野県魅力発信ブログ > 自然と遊ぼう!ネイチャーツアー > 「みんなで信州の山岳を守ろう!」 > 信濃毎日新聞社様より「信州の山岳環境をみんなで守る」PR広告の掲載料の一部を御寄付いただきました

信濃毎日新聞社様より「信州の山岳環境をみんなで守る」PR広告の掲載料の一部を御寄付いただきました

皆さん、こんにちは‼

自然保護課ブログ担当 カモシカです。

昨年から、8月11日は国民の祝日「山の日」に制定されました。今年は、2回目の山の日を迎え、皆さんの中には、山に登った方もいらっしゃるかと思います。

ちなみにカモシカは、山の日の翌日に猿倉から白馬三山を1泊2日で周回しました。

さて、信濃毎日新聞社様は、山の日を迎えるに当たり、”山岳県”長野県としてPR紙面を掲載していただき、山の日の盛り上げに一翼を担っていただきました。今回は、広告料の一部を御寄付いただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

 

 

 

 

 

PR紙面は、「信州の山岳環境をみんなで守る」をキャッチフレーズとして、山の日をきっかけに、恵み豊かな山岳環境を持続可能に次世代へ引き継ぐため、地域住民や登山者の協力を得て山岳環境をみんなで守るイベントの一部を紹介したものです。

具体的には、『南木曽岳登山道で登山者による登山道整備資材の荷上げの協力イベント』、『八方尾根で地元関係者や公募ボランティアによるネイチャーラベルの設置作業イベント』です。

『南木曽岳登山道で登山者による登山道整備資材の荷上げの協力イベント』は、天候不順により残念ながら中止となりました...。 昨年は、登山者110名に御協力いただき、1本当たり2から5㎏の木材を、合計150本担ぎ上げていただきました。

http://blog.nagano-ken.jp/nature/other/2496.html

『八方尾根で地元関係者や公募ボランティアによるネイチャーラベルの設置作業イベント』は、7月12日に実施し、参加者約50名で設置作業をしました。ネイチャーラベルは、八方尾根で咲く高山植物の写真と名前、咲く時期などが書かれたラベルで、登山者に自然保護普及啓発をするために登山道脇に設置します。

また、八方尾根に生息し、絶滅の恐れがある「ゴマシジミ」について解説を受け、ゴマシジミの生息環境を含めて保全することの大切さを学びました。

http://blog.nagano-ken.jp/nature/?p=2652

いただいた御寄付は、県内の山岳環境保全に使わせていただきます。

 

LINEで送る

このブログのトップへ