ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > 長野地域振興局 > ながの果物語り > 簡単でおいしい!あんずのシロップ漬けはいかがでしょうか?

簡単でおいしい!あんずのシロップ漬けはいかがでしょうか?

こんにちは、農政課のOです。

 

長野県の北部に位置する「ながの地域」は恵まれた気象・立地条件から、りんご、ぶどう、ももなどの「くだもの」の栽培が盛んで、県内の生産量の約4割を占める有数の産地です。

長野県長野地域振興局では、この「くだもの」を活用した地域振興を図るため、「ながの果物語り(ながのくだものがたり)で魅力ある地域づくりを目指す」をテーマに様々な地域活性化の取組みを行っています。

例年ならば6月下旬頃から、「ながの地域」で栽培・収穫される果物の先頭をきって「あんず」の出荷が始まりますが、今年は比較的暖かな日が続いたことから、少し早く出荷が始まり、スーパーや八百屋さんなどの店頭に並んでいます。

ながの地域の「あんず」の産地といえば、やはり千曲市の「森のあんず」がイメージされますが、お隣の長野市松代地区でも、「ながの地域」にあんずを広めた地域※1として、地域の皆さんが頑張って様々な活動を行っています。

※1 第三代松代藩主「真田幸道」に、伊予宇和島藩、伊達宗利の娘「豊姫」が嫁いだ際、故郷をしのぶ品として、あんずの種を持参したことが始まりと言われています。

この度、松代の「あんず」をPRする活動の一環として、「あんずの収穫&シロップ漬け体験」が催されましたので、参加してきました。

00 お誘い

たいていの調理をこなしたことがある筆者ですが、シロップ漬けは初めてでしたので、大きな期待と不安を抱いての参加となりました。

当日は午前中から雨模様で天気の回復を祈っていましたが、残念ながら収穫体験は中止となり、シロップ漬けのみとなりました。

14時に松代公民館に集合して、シロップ漬け体験が始まりました。

最初に、主催者である「エコール・ド・まつしろ倶楽部 郷土食専科」の皆さまから、松代のあんずなどについてご案内いただき、始まりました。

02 ご挨拶

余談ですが、講師の皆さんの年齢を聞いてビックリ!とてもお若く見えました。

若さの秘訣は「あんず」にあり!?

 

最初に、シロップ漬けと聞いてイメージした調理方法は、「あんず」をシロップ液で煮て作るのかな?と思っていましたが、実際に体験してみるととても簡単でした。

 

レシピはこちら。

01 レシピ

※蓋つきの800ccのガラス瓶3~4本分

○用意するもの

1 あんず約1㎏

2 砂糖  1㎏

3 水   1リットル

4 その他 大きな鍋&蒸し器・厚手のタオル・軍手など

 

○作り方

1 シロップを作ります。

(1)鍋に水1リットルと砂糖1㎏を入れて溶かしたところで火にかけ、煮立てます。

07 シロップづくり

(2)煮立てたところで火からおろして冷まします。

 

2 ビンを煮沸するためのお湯とあんずを湯通しするお湯を沸かします。

(1)水でビンをきれいに洗浄します。

04 洗浄

(2)洗浄後、ビンが入る大きな鍋に水を入れ、沸騰したところで約5分間煮沸します。06 煮沸中

 

3 煮沸している間にあんずを洗浄し、汚れを落として乾かします。

05 洗浄後の杏

少し乾いたところで、あんずを湯通しします。

 

4 煮沸が終了したビンを取り出します。

湯通ししたあんずをビンに詰めます。

08 瓶詰め

シロップをなみなみと入れます。軽くふたを締めてから、8分間蒸します。

10 煮沸後

09 再煮沸中

5 8分蒸したところで、ふたをぎゅっときつく締め、さらに1分間蒸します。

1分蒸したら取り出し、粗熱をとったところで、水道水などで冷却します。

充分冷えたところで出来上がりです。

 

6 食べごろ

ときどき天地をひっくり返しながら、冷暗所で2~3か月間置きましょう。

今回は6月中旬に行ったので、お盆ごろから食べごろを迎えます。

 

どうでしょう?簡単でしょ?

皆さまもこれからシロップ漬けを作って、お盆に来るお客様をあんずでお迎えしませんか。

LINEで送る

このブログのトップへ