ほっとスタッフブログながの 長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。(写真:飯綱山 初冠雪)

ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。(写真:飯綱山 初冠雪)

おじさんによる「こども食堂」体験記

総務管理課のryuです。

長野県では、食事提供や学習指導など、いわゆる一場所多役のこどもの居場所である「こどもカフェ」の設置を推進しています。

いったい「こどもカフェ」「こども食堂」とはどんなところで何をやっているのか、私が現場で体験してまいりましたので、皆さんにお伝えしたいと思います。

いい育児の日を中心としたこども食堂集中開催期間中である11月18日土曜日、長野市ふれあい福祉センター4階で開催された「信州こども食堂」さんにおじゃましました。

午前10時を過ぎると、スタッフが集まりだしお昼の準備が始まります。

R2241950.cleaned
本日のメニューは、豚汁、焼うどん、炊き込みご飯、おこわオニギリ、デザートです。

環境課のk君も張り切ってお手伝い。ご夫婦での参加でした。

R2241953.cleaned
調理中、子供たちは折り紙やお絵かきをしながら食事を待ちます。

R2241952.cleaned
デザートのリンゴは長野合同庁舎オフィスフードドライブでJA長野さんからご寄付いただいた「サンふじ」です。

こども達も配膳をお手伝い

R2241951.cleaned R2241956.cleaned
その他にも、JAグリーン長野さんのキャベツ・玉ねぎ・もち米、JA中野さんのきのこ、柄木田製粉さんのうどん、マルコメさんの味噌・甘酒と、フードドライブでいただいた食材がフル活用されていました。

今日は15人ほどのお子さんが、ご家族と一緒に参加されたようです。食後にはリンゴ飴のサービスも。

R2241958.cleaned R2241962.cleaned
会場の外には「おさがり」の衣類や学用品なども。これもフードドライブでご寄付いただいたものです。好きなものを自由にお持ち帰りいただきました。

R2241964.cleaned
後片づけをして会場を出たのが午後2時。40人分の食事を作り配膳するのは、けっこう大変。正直疲れました。ボランティアの皆さん、毎回お疲れ様です。

長野地域振興局は11月29日に「信州こどもカフェ推進長野地域プラットフォーム」を立ち上げる予定でいます。このプラットフォームで、こどもの居場所づくりに携わる方々を、積極的に応援してまいります。

 

 

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ