ほっとスタッフブログながの 長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。(写真:信濃町 黒姫高原)

ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。(写真:信濃町 黒姫高原)

長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > その他 > 釣ーリズム事業 放流イベント

釣ーリズム事業 放流イベント

こんにちは!農政課のライターMです。

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言われていることですが、残暑もいつのまにやら終わり、朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。

季節は足早に移りすぎ、気付けば10月に突入。この10月初日から当課も関係する事業が本格的に始まりましたので、ご紹介します。

「釣り」を観光資源と捉え、釣り⼈にとって魅⼒ある釣り場を構築するなどして、釣り客を誘客することで、内水面漁業や観光等の振興を図る地域に対して、県がお手伝いする「信州釣ーリズム事業」が、10月1日(日)に千曲市内で本格的に始まりました!

 

千曲川の大正橋から万葉橋間に平成29年10月1日から平成30年2月15日まで冬期ニジマス釣り場を開設する、オープニングイベントを開催しました。イベントの冒頭、千曲市や更埴漁業協同組合などで構成する「釣ーリズム信州」千曲市戸倉上山田地域協議会の北澤会長(千曲市農林課長)をはじめ、構成団体の代表者らが挨拶を終えた後、参加者は魚が入ったバケツを手に川岸まで下りて、約100キロのニジマス(体長約25センチ)を放流しました。

DSCN1748

 

DSCN1758

放 流 !!!!

DSCN1760

元気なニジマスがたくさん増えてくれますように。

 

 

当日の朝、現地は風が強く吹き荒れていましたが、放流イベントが始まる頃には、そよ風となり、快晴の下、釣り客10数名が静かに糸を垂らし、次々とニジマスを釣り上げていました。親子で参加する家族連れもいて、「もっとゆっくり」「早い、早い」と、親御さんから指導を受けながら、ルアーを操るお子さんの姿も見られ、ほほえましい光景が広がっていました。

DSCN1767

見ている私も釣りがしたくなりました…

 

 

協議会は年末まで数回に分けて約800キロを放流する計画で、多くの釣り客の来訪をお待ちしています。なお、大正橋から万葉橋の間はキャッチアンドリリース区間としていますので、皆様のご協力をお願いします。

(※遊漁料 1日券520円、年度券5,400円(平成30年3月31日まで有効)。中学生は年度券が520円、小学生は無料です。)

また、10月21日(日)には、小学4~6年生を対象に「子供ニジマスルアー釣り教室」を開催します。現在、参加者を募っていますので、興味のある方は以下の更埴漁業協同組合HPからお申し込みください。

http://www.valley.ne.jp/~k-gyokyo/

LINEで送る

このブログのトップへ