ほっとスタッフブログながの 長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。(写真:坂城町 千曲川雪景色)

ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。(写真:坂城町 千曲川雪景色)

長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > 長野地域振興局 > 観光・商工業 > 障がい者への就業支援~新生病院とAさんの事例から~

障がい者への就業支援~新生病院とAさんの事例から~

こんにちは。
商工観光課のえみフライです。

 

商工観光課では、障がいをお持ちの方等就職困難者を対象とした無料職業紹介を行っていますが、就職後も引き続き定着に向けての支援を行っています。
精神障害者の雇用義務化を4月に控え、より一層定着支援が必要になってくると思われます。

 

今回は、日頃より障がい者雇用に多大なるご理解をいただき、積極的な雇用、そして採用後のサポートも病院を挙げて行っていただいている小布施町にある新生病院様とAさんのご理解・ご協力のもと具体的な事例を挙げてお伝えします。

病院外観.cleaned
〈新生病院〉

精神疾患を抱える30代のAさんは、2017年9月から新生病院で勤務しています。大学院卒業後、専門的知識を生かすべく企業に就職しましたが、精神疾患を発症し、その後はアルバイトを行っていました。次第にこの閉塞感から抜け出したいと、支援先をネットで探していたところ、地域振興局商工観光課の求人開拓員による職業紹介事業を知り、連絡をいただいたことからAさんへの就業支援が始まりました。

 

Aさんの就職へのステップとして、2017年7月後半から1ヶ月間、長野技術専門校の「障がい者民間活用委託訓練」を活用して新生病院で実習を行いました。実習の2ヶ月前より課題となっていた「8時30分からの勤務」に向けて、実習期間を含む3ヶ月間を通して段階的にクリアしていくことができ、正式採用となりました。

 

Aさんの新生病院での業務内容は、これまでの専門知識を活かした事務作業が中心です。病院内のいろんな部署との関わりを持ちながら、Aさんにできるサポート業務をしているようです。

 

採用後3ヶ月経った12月のはじめに、Aさんの上司であり、相談相手にもなっているB課長から、最近のAさんの様子についてお話をお伺いすると、出勤状況や勤務態度、コミュニケーションも良好、さらに作業効率も素晴らしいと高評価でした。

 

こういった高評価につながった裏には、Aさんの能力もさることながら、Aさんに対する職場のサポートもあったはず。B課長は、職場のサポートについて、こう話してくれました。

「病院という職場からなのか、障がいに対する偏見はない。職員はみんな「患者のため」という意識がもともと強く、ご支援が必要な方に手を差し伸べるといった素地ができている。周りの職員がAさんの障がいについて理解し、話しかけやすい雰囲気づくりができていたり、具合が悪ければすぐに受診できる環境であることも大きいのかもしれない。」

028 - コピー (2).cleaned
〈院内での集合研修の様子〉

お話を聞いていると、Aさんが勤務している新生病院は、障がいに対する理解が進んでおり、なにより、病院という職場自体がAさんにはよかったのではないかと思いました。

 

ただ、就職してからこれまで、すべてが順調だったわけではありません。12月上旬、業務外の出来事が最終的な引き金となり1週間の欠勤となりました。

12月下旬、Aさん、担当のB課長、岸田求人開拓員で行った復帰後の支援会議では、1週間の欠勤に至った要因などについて、Aさんご自身が、冷静に自己を見つめ、分析し、次につなげていこうとする姿がありました。

DSC_1561
〈復帰後の支援会議の様子 手前がAさん、右奥がB課長、左奥が岸田求人開拓員〉

「日々少しずつ蓄積していく心身への負荷が今回の欠勤につながっていった」

というAさん。それでも、この1週間の休養で復帰できたことはAさんにとって、大きな進歩だったようです。

そこには、早めに休養を申し出たAさんの判断と、B課長をはじめとする職場の理解やフォロー、さらに、欠勤中もメールのやり取りを通してAさんに寄り添い、励まし、職場とAさんとのコーディネートをしてきた岸田求人開拓員、このようないくつもの的確な対応・サポートがあって、1週間という早い復帰につながったように思います。

 

改めて、実習を含めて4ヶ月間勤務した感想をAさんにお聞きしました。

「働けていること自体が喜び。4ヶ月前、こうして自分の能力を発揮する機会を与えてもらったことをありがたく思っている。職場の皆さん、岸田求人開拓員等多くの方々から手厚い配慮をいただき、大変感謝している。障がいを理解してもらい、こうして働くことによる自己実現は、自分にとっての1つの理想である。」

 

次の支援会議は、就労後6ヶ月となる2月に予定しています。その間、すべてが順調に進むわけではないかもしれません。ただ、今回こうしてまたひとつ乗り越えたことで、きっと次の一歩が生まれてくるものだと思っています。お互いを理解し、信頼し合うからこそ、よい職場、仕事につながっていくのでしょうね。

 

最後に、もう一つ、定着に向けてのポイントは、求人開拓員や各支援機関といった職場と就労者の橋渡し役の存在です。

その橋渡し役の一人、岸田求人開拓員より、就労を考えている皆様と企業の皆様へメッセージです。

DSCF6368

「今回の事例から定着支援に関して僕自身学んだことが3つあります。
1つ目は、求職者や雇用者は、就労に向けた生活習慣の改善も含めて自分の体調不良の要因を分析し、予防的措置をとること。
2つ目は、企業様は雇用者の定着に向けて、障がいに対する理解を深め、合理的配慮を提案実施できるよう定期的なヒヤリングの機会をつくること。
3つ目は、求人開拓員は、必要に応じて、企業様と雇用者との懸け橋の役割を担っていただける地域の定着支援機関との連携を提案し、つなげること。
以上は、障がい者雇用を検討している企業様や求職者の方々にお伝えしたい定着に向けての3ポイントです。
障がいを抱え、自分一人での就活を不安に思っているみなさん、まずはお気軽にご相談ください。一緒に夢をかなえましょう!!」

 

長野県では、障がい者等就職困難者の支援を行っています。様々な機関が連携し、継続して皆様の就業を支えていきますので、お気軽にご相談ください。

〒380-0836 長野市大字南長野字南県町686-1 長野合同庁舎1階
長野地域振興局商工観光課 026-234-9527  求人開拓員専用携帯 090-9660-6050

 

今回のブログ掲載に当たり、自分の経験が多くの方の役に立つのであればと、多大なるご理解・ご協力をいただきましたAさんと新生病院様に心より感謝いたします。

LINEで送る

このブログのトップへ