ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > 長野地域振興局 > 観光・商工業 > 世界に届けたい、信州産シルクのネクタイ 「196テキスタ」(いいね!インタビュー⑤)

世界に届けたい、信州産シルクのネクタイ 「196テキスタ」(いいね!インタビュー⑤)

みなさん、こんにちは。商工観光課のKです。

あれ、今年、秋ありましたっけ?

というぐらいの猛スピードで、暖かい日々が過ぎ去っていきました。

そして、冬が近づき、私たちの職場でも男性職員はネクタイを締めるようになりました。

サラリーマンは、お気に入りの柄のネクタイを着けた日は、少し気分がアガります。

プレゼントでおしゃれなネクタイを貰ったときは、かなりアガります。

そんなおしゃれなネクタイを作っている方が、長野市にいると聞きました。

196テキスタ布施 一(ふせ はじめ)さんです。

布施さんの作るネクタイは、一般的に市販されているものとは大きく異なる部分があるとのこと。

気になったので、たくさんお話を聞いてきました!

代表の布施 一さん

代表の布施 一さん

-今日はよろしくお願いします。最初に、布施さんの行っている事業の内容を紹介してもらえますか?

よろしくお願いします。私は現在、信州産のシルクを使ったネクタイの企画・販売を行っています。

-ネクタイの企画・販売ということですが、製造も布施さんが手がけているのでしょうか?

いえ、私の仕事はネクタイの企画(プロデュース)とデザインの部分で、製造は他社のご協力を頂いています。具体的には、岡谷市宮坂製糸所様に生糸の生産、京都市大平織物(株)様にネクタイの縫製で力をお借りしています。

-色々な方の力が結集したネクタイなのですね。創業の時期はいつごろだったのでしょうか?

2016年の11月ごろにスタートしました。最初はまだ信州産シルクのネクタイはなく、京都西陣織のネクタイを販売しながら、自分のネクタイを作って売る方法を模索していましたね。オリジナルのネクタイは、ことしの6月に完成しました。当初からやりたかったことが今やっと形になり、まさにこれから、いろいろと動き出すという状態です。

信州産シルクを使用した布施さんのネクタイ

信州産シルクを使用した布施さんのネクタイ

1 2 3 4

このブログのトップへ