ほっとスタッフブログながの 長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。(写真:信濃町 黒姫高原)

ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。(写真:信濃町 黒姫高原)

ながの・にいがたうみやまイラストマップ

こんにちは。
商工観光課のえみフライです。

 

お出かけが気持ちのよい季節ですね。

今回は、どこかに出かけたいけれど、どこかいいところないかな~というみなさまにぜひ手にしていただきたい観光マップのご紹介です。

「ながの・にいがたうみやまイラストマップ」をご存知でしょうか?長野地域・北アルプス地域・北信地域と新潟県上越地域を海や山といった地形や観光資源、幹線交通をデフォルメして強調した、わかりやすく楽しい広域観光イラストマップです。

DSC_1341
 

平成26年に日本語版が完成し、27年には英語版、28年には中国語(繁体字)版も発行されました。日本語版は、毎年少しずつ修正を加え、今年度新たに改訂版を発行しました。

 

イラストを見ていると、ここに行ってみたいな、ここに行ったならあそこも回れそうだななどと、旅のプランが見えてくるそんなマップです。

1-0525nagano.JPG_01 2-5-0524nagano.JPG_01
 

今から4年前に、偶然富山県で見つけたイラストマップ。富山県の観光地がとてもよくわかり、現地へ行ってみたくなるそんなイラストマップを長野でも作りたい!そう思ってこのイラストマップ作りははじまりました。ちょうど、北陸新幹線延伸を間近に控えたそんなときでした。新幹線延伸でつながるこの地域を旅行者の皆さんに知ってもらい、ぐるっと周遊していただきたい、そういう思いでした。
旅行者には、県境なんかは関係ない、旅行者目線でのマップを作ろうということで、情報面は、市町村別ではなく、テーマ別に観光スポットを掲載しました。マップ面も同じです。見せたい観光スポットでなく、旅行者が見たい観光スポットを載せること、デフォルメしているものの、マップであるからには、行きたい場所へ行けるように正確かつランドマークとなるものを載せることを心がけました。

DSC_1342 DSC_1343
 

このマップ、1つ1つ手描きで作られていきます。現地を見て回り、わかりやすくするために、どこを強調するのか、道路はどうなっているのかなど、石川県から長野に何度も足を運んで描いてくれました。

 

その後、平成27年に作成した英語版、28年に作成した中国語(繁体字)は、外国人目線を意識し、4つの地域をよく知る外国人の皆さんに意見をいただきながら作っていきました。こうして、3年かけて、日本語、英語、中国語(繁体字)の広域観光イラストマップができました。

 

北陸地域では、富山県、石川県、福井県すべての県で同じテイストのイラストマップが作られており、ここにこの「ながの・にいがたうみやまイラストマップ」の新潟県、長野県が加わったので、つい並べてみたくなります。ちなみに、石川県では、町の案内看板にこのイラストマップが使われていたり、先日も北陸道のSAでこんな案内看板を見つけました。思わず目を引くそんな案内看板でした。

DSC_1272
 

実は、長野合同庁舎でも、1階の県民ホール前に大きなマップを掲示しています。来庁された皆さんが立ち止まって見てくれているのをいつもうれしく見ているえみフライです。

DSC_1340
 

いろんな苦労はありましたが、その分とてもかわいいかわいいマップです。これからも多くの皆さんに見ていただき、持ち帰っていただいて、長野に行ってみたいなと思っていただけたら幸いです。

 

県内外のイベントや道の駅等で配布していますが、長野合同庁舎1階県民ホールにもご用意しています。「欲しい!」という方がいらっしゃいましたら長野地域振興局商工観光課(026-234-9527)までご連絡ください。

LINEで送る

このブログのトップへ